鹿児島・純米黒酢の坂元醸造が新ブランド−本社1階にショップ・カフェ /鹿児島

 江戸時代から200年以上続く伝統の壺づくり純米黒酢「坂元のくろず」の製造・販売を行う坂元醸造が9月、新ブランドの立ち上げに伴い本社ビル(鹿児島市上之園町)1階に「Kurozu Farm cafe and market」(TEL 099-204-9511)をオープンする。



 白を基調としたシンプルな内装の店舗は、従来の「坂元のくろず」商品に加え、自然・健康・美をキーワードとした新ブランド「Kurozu Farm」商品を販売するアンテナショップと、黒酢飲料などを提供するカフェを併設。カフェはカウンター5席にテーブル5卓とビッグテーブルを合わせて23席を設ける。

 「もっと広い世代の方に、普段の食卓に気軽に黒酢を取り入れてもらいたかった」と新ブランドのコンセプトを説明するのは、同社研究開発部の川野拓矢さん。商品ラインアップは、黒酢と果汁をブレンドした飲用黒酢やドレッシング各種(以上、各種630円)、「黒酢たれ」「くろずレストラン『壺畑』謹製 香るラー油」などの調味料(525円〜630円)、デザートソース(各種630円)など。

 カフェでは、ショップで販売している商品のさまざまな使い方を提案するメニュー展開。黒酢ドリンクは、人気のミルク割りやソーダ割り、寒天入り、蜂蜜入りなど14種を提供(210円〜)。黒酢フローズンデザートは、好きなデザートソースを選べるフルーツサンデー(380円)や、霧島市福山町の「くろず情報館『壺畑』」でのみ提供していた「黒酢ソフトクリーム」(300円)など。「クリームチーズのような風味がする」と人気が高い一品だという。そのほか、黒酢スムージー各種(350円〜)、フルーツ・ハーブ黒酢各種(300円〜)、コーヒー・紅茶各種(250円〜)など。期間限定で「フレーバー黒酢赤しそ」(300円)も提供する。

 「今後もカフェメニューのレパートリーを増やしていく予定」と川野さん。店舗は11日にプレオープンし、18日にグランドオープンを迎える。営業時間は10時〜19時。

山形屋で「使ってみたいMONOフェア」−若手女性販売員選んだ69社出展 /鹿児島

 鹿児島の百貨店「山形屋」(鹿児島市金生町、TEL 099-227-6327)で9月10日から1週間、今年で14回目となる「使ってみたいMONOフェア」が開催される。運営主要メンバーは、同社の若手女性販売員。

 普段は販売員として売り場で働く女性スタッフたちが、来店客との会話などを参考に、雑誌、口コミ、都市部への現地出張などを通して、商品の選定から仕入れ、販売までの全てを担当する同フェア。昨年は1週間で約3万人の来場者が訪れた。今年は「Happy Spot」をテーマに、9割を占めるという女性客に向けて「ワクワクする、幸せになれる空間づくり」を目指して企画を進める。

 今年は69社が出展し、うち42社が新規出展。ハワイの天然石アクセサリーのブランドで、昨年も山形屋限定商品が売り切れたという「MALULANI HAWAII」や、缶のデザインが豊富な保湿クリーム「STEAM CREAM」など、同フェアに定着しつつある商品のほか、女性スタッフが都市部の物産展や各地で見つけてきた、鹿児島では同フェア限定の商品など取りそろえる。



 中には、鹿児島までの距離や、短期間販売ということなどから出展を断られたが、他部署との連携や「鹿児島の女性に、その商品のことをお伝えしたい」という熱意を伝え続け、出展をかなえたという商社も。「世間の女性が欲しいものを凝縮したような空間。売り場にいるだけでワクワクするはず」と自信を見せる。

 「心も身体もきれいになろう」をコンセプトにした「make beauty(美)」からは、ギリシャ発の自然コスメ「APIVITA(アピビータ)」のフェースオイル(6,720円)、スクラブ洗顔料(5,985円)、「使って楽しくなる」ような色とりどりのアイテムを集めた「COLOR(雑貨)」からは、熊本県のアクセサリーパーツのセレクトショップ「Walet(ワレット)」の各種アイテム(199円〜)、「心も体もおなかも大満足」がコンセプトの「モグモグキッチン(食)」からは、「クローバーリーフ」の「クリスピータイヤキ」(168円)が「一押し」だという。



 そのほか、9月14日と15日は数量限定で「マダムシンコ」の「マダムブリュレ」と「塩キャラメルバウム」を限定販売。山形屋2号館横ロッテリア前のベルク広場では、さまざまなワークショップを開催予定。2号館1階中央玄関横イベント広場と1号館1階特設会場でもイベントや販売を行う。

 会場は1号館6階大催場。営業時間は10時〜20時(最終日は17時まで)。

イプシロン、地元沸く…宿泊施設は既に満室状態

新型固体燃料ロケット「イプシロン」が27日、鹿児島県肝属郡肝付町(きもつきちょう)から打ち上げられる。日本の宇宙開発の未来を背負い、7年ぶりに発射される人工衛星搭載の固体燃料ロケットを一目見ようと、当日は1万人以上が訪れるとみられ、町や近隣の宿泊施設は既に満室状態。

 機体にちなんだ弁当やグッズの販売も行われ、地元は盛り上がりを見せている。

 町や周辺自治体の宿泊施設は26、27日はどこも満室。隣接する同県鹿屋市のビジネスホテル関係者は「『イプシロン特需』です」と喜ぶ。

 打ち上げ場所の宇宙航空研究開発機構(JAXA(ジャクサ))内之浦宇宙空間観測所がある内之浦地区は、飲食店が限られている。このため、町観光協会は当日の昼食用に、地元産の夏野菜や黒豚などを使った「イプシロンの里弁当」(1000円)約750個を用意。町はペットボトルを機体に見立てた飲料水(150円)5000本も販売する。機体デザインをあしらったパンやカマボコを売る店も登場した。

 町は見学場として、小学校の校庭など6か所を開放する。発射台が見えることから人気がある宮原一般見学場では約350台分の駐車枠に全国から9468件の応募があり、競争率は27倍に。当日は町職員の半数に当たる約110人態勢で駐車場整理などを行う。町は「無事に打ち上がれば、イプシロンの名は世界にとどろく。知名度を生かし、『宇宙に一番近い町』と売り込んで地域振興につなげたい」と成功を願っている。

鹿児島県肝属郡肝付町(楽天トラベルで検索)

鹿児島市内のイルミネーション、一斉に点灯−「光の回廊」も登場 /鹿児島

鹿児島市の「みなと大通り公園」「マイアミ通り」などで12月1日、冬のイルミネーションが一斉に点灯し、行き交う人の目を楽しませている。

市が市電軌道敷の芝を照らす照明と、市内の施設のイルミネーションスポットをつなぐ「冬季光の回廊」事業として企画。1日にイルミネーションが点灯したことで、天文館〜いづろ〜マイアミ通り〜ドルフィンポート〜みなと大通り公園〜市電の軌道敷と、約2キロをぐるりと光でつなぐ回廊が完成した。

みなと大通公園と鹿児島中央駅のイルミネーションは毎年12月から点灯。中央駅の西口・東口にある樹木各3本には、1万球の電球を設置した。公園のイルミネーションは今年で21年目を迎え、市民には冬の風物詩として定着している。市民の憩いの場でもあり、デートスポットでもある公園のケヤキの木62本には約10万球のLEDを使用。当日は、ライトアップされた噴水とイルミネーションが織り成す光と水のコラボレーションに集まった観客から歓声が上がった。

「電球色のLEDを使うことで、光に包まれたようなあたたかみのあるイルミネーションになった。市民の方々には、鹿児島市のイルミネーションと言えば『みなと大通り』だと思っていただいている、と思っている」と鹿児島市都市景観課課長の東俊昭さん。枝の先まで巻きつけているので「葉が落ちた1月は、光が遮られることなく、きれいに見えるのでおすすめ」という。

マイアミ通りは天文館の「いづろ」から「ドルフィンポート」(本港新町)へ続く直線道路。2010年から始まったイルミネーションは少しずつ規模を拡大し、街路樹の幹と枝から下がるスノーフォール、イルカのオブジェ、この通りと「みなと大通り公園」に挟まれた海岸通りの街路樹に約8万5000球のLED電球を使う。

12月は、鹿児島市内の主要なイルミネーションスポット、城山展望台からの夜景を楽しめるカゴシマシティビュー(観光バス)の「夜景コース」が人気で、毎年2000人ほどが利用しているという。毎週土曜運行(8・12・1月は金曜土曜運行)。運行時間は19時〜、20時〜(12月は18時30分、19時30分発が増便)。運賃は200円、所要時間は約60分。

市のイルミネーション点灯時間は18時〜22時。「みなと大通り公園」「鹿児島中央駅」は点灯後、毎時59分に消灯し、19時、20時、21時に一斉点灯する。12月24日と31日は翌0時15分まで(31日は0時に一斉点灯)。1月31日まで。

鹿児島県 鹿児島市内(鹿児島・桜島) でぜひ宿泊して欲しい素敵な宿泊施設です。
鹿児島市内(鹿児島・桜島) 楽天トラベルランキング



リッチモンドホテル鹿児島金生町
鹿児島中央駅より路面電車で約10分◆コンビニ目前◆全館Wi-Fi対応◆加湿機付空気清浄機全室完備
鹿児島県鹿児島市金生町5-3〔山形屋デパート前〕

【お料理】
ホテル1階 和食レストラン「いねや」
朝食、喫茶、夕食とお楽しみ頂けます。デザイナーが手がけたスタイリッシュな店内が人気。昼は本格和食を提供。夜は居酒屋としても楽しめ、キビナゴの刺身や天ぷら、薩摩揚げなど地元ならではの味が揃っております。

【観光スポット】
鹿児島ブランドショップ(鹿児島県鹿児島市)
産業会館の1階にある物産館。鹿児島の代表的な特産品である焼酎やさつま揚げ、かるかんはもちろん、薩摩焼、錫製品、屋久杉製品、郷土玩具など品ぞろえが充実している。

鹿児島・ドルフィンポートでイルミ点灯−過去最高17万球で「海のクリスマス」演出 /鹿児島

鹿児島・ドルフィンポート(鹿児島市本港新町、TEL 099-221-5777)で11月9日、イルミネーションの点灯が始まった。

ドルフィンポートのイルミネーションはオープン2年目から毎年行っており、今年で7年目。毎年少しずつ球数を増やし、今年は17万716球と過去最高、市内でも最大級のイルミネーションスポットとなった。

当日行われた点灯式では、聖母幼稚園(荒田2)の園児たちがクリスマスソングを歌い、サンタと共にスイッチを押すとイルミネーションが一斉に点灯。施設全体が光に包まれ、集まった大勢の来館者から歓声が上がった。

クリスマスイルミネーションのメーンツリーは駐車場側の入口に、海側の南端にはサブツリーを設置したほか、ウッドデッキ、各棟の連絡部、階段部分にもイルミネーションラインを施し、全長約260メートルと南北に伸びる施設を華やかに彩った。

施設中央部に立つ「なぎさタワー」のイルミネーションは今年初登場。ナイアガラの滝のような青い光のシャワーに、イルカ、カクレクマノミ、ツノダシが泳ぎ、ピンク色のサンゴで幻想的な空間を作り出している。タワーの正面から左右に広がる水辺には、イルカや波しぶきをモチーフにしたイルミネーションを設置し、ドルフィンポートならではの「光の海辺」を演出した。「特に水辺のイルミネーションは安らぎの場。散策しながら海のクリスマスを楽しんでほしい」と鹿児島ウォーターフロント業務推進マネジャーの川?洋さん。

点灯時間は17時〜24時。来年2月28日まで(クリスマスイルミネーションは12月25日まで)。

鹿児島県 鹿児島市内(鹿児島・桜島) でぜひ宿泊して欲しい素敵な宿泊施設です。
鹿児島市内(鹿児島・桜島) 楽天トラベルランキング



リッチモンドホテル鹿児島金生町
鹿児島中央駅より路面電車で約10分◆コンビニ目前◆全館Wi-Fi対応◆加湿機付空気清浄機全室完備
鹿児島県鹿児島市金生町5-3〔山形屋デパート前〕

【お料理】
ホテル1階 和食レストラン「いねや」
朝食、喫茶、夕食とお楽しみ頂けます。デザイナーが手がけたスタイリッシュな店内が人気。昼は本格和食を提供。夜は居酒屋としても楽しめ、キビナゴの刺身や天ぷら、薩摩揚げなど地元ならではの味が揃っております。

【観光スポット】
鹿児島ブランドショップ(鹿児島県鹿児島市)
産業会館の1階にある物産館。鹿児島の代表的な特産品である焼酎やさつま揚げ、かるかんはもちろん、薩摩焼、錫製品、屋久杉製品、郷土玩具など品ぞろえが充実している。

観光ミカン園:ミカンおいしいよ!! 鹿屋市オレンジパーク串良が開園 /鹿児島

鹿児島県鹿屋市串良町の観光ミカン園「鹿屋市オレンジパーク串良」が9月29日、オープン。開園式に招待された園児がもぎたてのミカンを笑顔でほおばった。12月末まで開園するが、ミカン狩りを楽しめるのは10月末まで。
 
園の総面積は約2・1ヘクタール。うち170アールに温州ミカン、ネーブルなど計約1100本が植えられている。ミカン狩りできるのは温州ミカンのみ。管理組合は「今年は小玉傾向だが、実の数も多く、甘い」とPRする。
 
開園式には町内の正徳保育園の園児11人が参加。テープカットした後、園内のテントで試食し、顔をほころばせて「おいしい」を連発していた。
 
入園料は小学生以上100円▽3歳以上の幼児50円。園内では食べ放題だが、持ち帰りは有料。問い合わせは同園(0994・62・3422)へ。

鹿児島県 大隅地方(霧島・国分・志布志・鹿屋・内之浦) でぜひ宿泊して欲しい素敵な宿泊施設です。
大隅地方(霧島・国分・志布志・鹿屋・内之浦) 楽天トラベル宿泊ランキング



ホテル京セラ
ビジネスでもリゾートでも♪ホテル京セラには“心からの笑顔でのおもてなし”が溢れています!
霧島温泉 鹿児島県霧島市隼人町見次1409-1

【お料理】
旬の味覚や厳選された食材を、繊細な技で丁寧に仕上げる和・洋・中・無国籍(創作)料理に携わる最高のシェフや料理長達がおもてなしの心と共にお届け致します
地元の海の幸や黒豚・黒毛和牛、南国の太陽が育む季節野菜など「鹿児島にこだわったメニュー」にも力を注いでいます。
極め細やかな洗練されたサービスと併せて、会話が弾むひと時をお過ごし頂けます。

【温泉】
南霧島温泉の湯の花づくし
温泉の源泉は1050メートルから湧き出した天然温泉です。オクシア「湯の花づくし」の熱湯、ぬる湯、寝湯の浴槽で一日の疲れを癒してください。 ※本館地下1階:大浴場「オクシア」は階段がございます。介助が必要なお客様はお気軽にスタッフまでお申し付けくださいませ。

豪快「東洋のナイアガラ」ライトアップ

東洋のナイアガラ」の異名を持つ鹿児島県伊佐市大口の曽木(そぎ)の滝が2011年11月22日、ライトアップされた。

国内最大級の幅210メートルの滝が7色の光に照らされ、幻想的な雰囲気に包まれた。

午後6時前にライトが一斉に点灯すると、訪れた観光客から歓声が上がった。色づいたモミジなども光を浴び、闇夜を赤く染めていた。

23日は「曽木の滝公園もみじ祭り」が開かれ、午後5時30分から同9時までライトアップされる。同6時30分からは花火約500発が打ち上げられる予定。


旅館 早水荘
離れのある一戸建て三戸を有し、いろりの宴会場、川内川ぞいの緑の環境豊かな所、町営パークゴルフ有
鹿児島県伊佐市菱刈川北2280-14

【お料理】
☆1泊2食付きプラン☆ 〜金鉱脈に出ずる源泉かけ流しの宿〜
囲炉裏風宴会場で 田舎の雰囲気を楽しみながら、板長が心を込めて作った料理をご賞味ください。
◆お風呂
□かけ流し
菱刈金山の金鉱脈に出ずる源泉がかけ流し。ひょっとしたら金鉱山の金が入っているかも。
□内風呂内風呂
内湯は檜風呂となっております。底には石が敷き詰めてあり、心地よい足裏への刺激が楽しめます。
□露天風呂露天風呂
露天風呂では川内川のせせらぎを聞きながら、美しい星空をご覧いただけることでしょう。

鹿児島のホテルと肥薩おれんじ鉄道がコラボ−サンセットトレイン運行 /鹿児島

城山観光ホテル(鹿児島市新照院町)と、川内市(鹿児島県)〜八代市(熊本県)を結ぶ肥薩おれんじ鉄道が11月26日、「レイルフェスタ2011」のイベントの一環で「サンセットカフェ&ワイントレイン」を運行する。

九州の西海岸沿いを走る「おれんじ鉄道」に乗車し、絶景といわれる沿線風景と、東シナ海に沈む夕日を眺めながら秋の一日を楽しむ同イベント列車。1両目がカフェトレインで、ハーブティーのほか、コーヒー、ソフトドリンクをフリードリンクで提供。2両目のワイントレインでは本坊マルスワインのほか、焼酎、ソフトドリンクを振る舞う。

16時に川内駅を発車。途中、阿久根駅で停車し、野田郷駅で折り返して川内駅に到着の予定。車内ではシンガー・ソングライター・若松紗奈枝さんのミニコンサートや抽選会も行う。

同ホテル経営企画部の岩松さんは「国内有数の絶景を楽しみながら、ホテル特製の洋食弁当を味わって、ローカル線ののんびりした旅を満喫してもらいたい」と参加を呼び掛ける。

鹿児島市内からは、14時30分に鹿児島中央駅西口の切子塔前から城山観光ホテルのバスが川内駅間を送迎する。直接川内駅から乗車する場合は15時30分に2階改札口前に集合。

料金は、カフェトレイン=4,000円、ワイントレイン=6,000円。要予約。先着60人。


城山観光ホテル
展望温泉、鹿児島の市街地・桜島を一望
鹿児島県鹿児島市新照院町41-1

【宿泊プラン】
【特典付】 鹿児島観光と指宿砂むし温泉よくばりプラン
幕末の立役者を生んだ鹿児島で日本の歴史に触れてみませんか。
名所満載の鹿児島市内の観光スポットより選りすぐった、人気の施設入場券をお付けいたしました。
そして、指宿名物「天然砂むし温泉」入浴券がセット!
少し足を伸ばして、美肌・ダイエット効果もある?という癒しのひと時を是非お試しください。
さらに、指宿への道のりの途中にある鹿児島ふるさと物産館にて地産地消のお買物やお食事に利用可能なお買物券もプレゼント!
夕食は地元の食材をふんだんに使用したさつま会席をご用意。
鹿児島観光・温泉・味覚満喫のよくばりプランをお楽しみください。
■夕食:城山ガーデンズ 水簾「さつま会席」
※黒豚しゃぶしゃぶへの変更可(前日までの予約制)

鹿児島県の温泉5 湯川内温泉など

鹿児島県の温泉5

湯川内温泉(鹿児島県出水市)
島津家御用達の歴史ある温泉
250年近い歴史を誇り、島津家御用達の名湯として知られてきた温泉で、「湯川内温泉かじか荘」が一軒宿。紫尾山の中腹に立ち、本館・別館のほかに自炊室もある。別館隣に立つ湯小屋には、温度の異なる2つの浴槽が備わり、宿泊客のほか、日帰り客でいつも賑わっている。通常7時〜21時30分の間の長時間に渡って日帰り入浴も受け付けている(要確認)。もう一つの上手にある湯小屋にも湯船の底から緑がかった透明な温泉がこんこんと湧出している。こちらも日帰り入浴利用も可能だ。

湯之尾温泉(鹿児島県伊佐市)
里人たちに愛される金鉱床から湧く温泉
金の産出で有名な菱刈金山の金鉱床から湧き出る温泉。古くから地元の里人たちに利用され、湯治場としても親しまれてきた。「旅館早水荘」など、8軒の旅館・民宿がある。早水荘のリニューアルした源泉かけ流しの内湯は、浴室、壁、天井も総檜造りで、一部底には石が敷き詰めてある。星空を見ながら入浴できる露天風呂も心地よい。通常10〜15時の間は、日帰り入浴も受け付けている(不定休・要確認)。

湯之元温泉(鹿児島県日置市)
風呂好きが集まる昔ながらの温泉
かつては薩摩藩直営の温泉であった由緒ある温泉地。44カ所の源泉を有しており、かけ流しのお湯は庶民的な浴場であるとともに、お風呂好きな人々にも満足してもらえる温泉となっている。日帰り入浴ができる施設も9カ所もあるので気軽に訪れたい。

吉松温泉郷(鹿児島県姶良郡湧水町)
般若寺や鶴丸など多くの温泉が点在
栗野岳の北西、川内川に沿って点在する川西、鶴丸、般若寺などの温泉の総称。保養・湯治向きの宿が多い。農村地帯にあり、素朴な風情で地元の人々の利用が多い共同浴場が点在する。鶴丸温泉は、美肌効果が期待できる全国的にも珍しいモール泉が湧出している。栗野岳登山などの拠点にも最適。