12日から米原曳山まつり 33年ぶり、3基そろい踏み

 12日から3日間、曳山(ひきやま)舞台で子ども歌舞伎を演じる滋賀県米原市の「米原曳山まつり」は、33年ぶりに曳山3基が出そろう。地元の子どもの減少などで輪番出場が続いてきたが、久々のそろい踏みに向け、曳山組3町は演目の稽古に熱が入っている。

 同市米原の湯谷神社の祭礼で江戸中期から240年余り続くとされ、滋賀県の選択無形民俗文化財に指定されている。小学生男児の歌舞伎が呼び物だが、子ども役者の確保難や準備負担などで近年は3年に一度の当番山と自主出場との1〜2基が続いていた。

 今年は当番の寿山に加え、連続出場の松翁山、2年ぶりの旭山の3基の足並みがそろった。各組は演目、配役の決定から夏休みの台詞(せりふ)合わせを経て、9月下旬から本格的な立ち稽古を続けている。

 旭山組詰所では、米原小1〜6年の5人が連日、夕方と夜の稽古に励む。8年ぶりの演目「御所桜堀川夜討(ごしょざくらほりかわようち) 弁慶上使(べんけいじょうし)の場(ば)」は弁慶が義経の妻の身代わりに実の娘を手にかける物語で50分に及ぶ。

 振付師中村津多七さん(63)の指導で独特の言い回しや着物の所作を確認し、弁慶役の6年藤井爽一郎君(12)は「大きな声で堂々と演じたい」と意気込む。組総代の増田圭亮さん(48)は「伝統を受け継ぎ3基が協力して成功させたい」と話す。

 各曳山は12〜14日に湯谷神社、JR米原駅前などで子ども歌舞伎を計10〜11回上演する。宵宮の12日夕は3基が連なって巡行する。

湯谷神社
滋賀県米原市米原771
アクセス:JR東海道本線・東海道新幹線米原駅下車、東口より徒歩5分



北ビワコホテル グラツィエ
ようこそ!時の隠れ家へ・・北イタリアをイメージした館内があなたを日常から開放します☆
滋賀県長浜市港町4-17

【お料理】
館内には和食・フレンチ・中華・イタリアンの4つのレストランがございます。地元食材を使用した会席料理・近江牛フレンチ・中華フルコースなど・・季節に合わせたお料理とサービスでお客様をおもてなし致します
| 滋賀

ユニークタヌキお出迎え 「信楽まちなか芸術祭」1日開幕

 「第2回信楽まちなか芸術祭」が10月1日から20日まで、滋賀県甲賀市信楽町で開かれる。台風18号の影響で信楽高原鉄道の代替バス輸送や周辺道路に通行止めが続くが、窯元見学や陶器展など多彩な催しを繰り広げ、焼き物の里・信楽の文化や魅力をアピールする。

 3年ぶりの開催。テーマは「陶とまち−発見と創生」で、実行委は「今までの信楽、信楽の今、これからの信楽を見て感じてほしい」としている。



 同町長野一帯では、さまざまな姿や表情をしたタヌキの置物が軒先などに並び、同祭を盛り上げる。計160体あり、20日は信楽地域市民センター近くに集結する。イベントは窯元約25カ所を見学できる「ぶらり窯元めぐり」やタイル絵付け体験、ミニタヌキづくりなど。恒例の陶器まつり大即売会(12〜14日)は台風18号の影響で各店開催に変更する。

 県立陶芸の森では特別展「酒器の玉手箱」(2日〜12月15日)や「セラミック・アート・マーケットin陶芸の森2013」(12〜14日)なども開かれる。問い合わせは同実行委TEL0748(70)3304。


ホテル レイクヴィラ
36Hゴルフコースやショートコースそして本格スパ・エステなど、贅沢な休日が過ごせる総合リゾート施設へ
信楽温泉多羅尾の湯 滋賀県甲賀市信楽町多羅尾1

【お料理】
フレンチコース
夕食/フレンチ
・お子様をお選びいただいた場合、ご夕食はお子様ランチとなります。
※和洋混合の申込みはできません。ご了承ください。
・朝食/バイキング(和洋チョイスの場合もございます。)
・会場は、いずれもレストランのご利用となります。(禁煙となります)

【温泉】
信楽温泉 多羅尾の湯
ジャグジー、釜風呂やテーマ湯のあるアミューズメント浴場と、塩サウナや趣深い露天風呂を設けた浴場は、毎日日替わりでお楽しみいただける信楽温泉、多羅尾の湯。三大美人湯に劣らない美肌効果があり、心身ともにリラックスさせてくれます。

| 滋賀

「探検の殿堂」アートで彩り 新たな施設活用探る

 アート展「追求の先に…美を拓くものたち展」が28日、滋賀県東近江市横溝町の博物館「西堀榮三郎記念探検の殿堂」で始まった。探検家以外の展示を模索する同館初の試みで、28作家の絵画、写真、書など81点が並んだ。

 深い青色を背景に犬と少女を両端に描き不思議な巡り合わせを表現した日本画や、アラスカで撮影した壮麗なオーロラの組写真が目を引く。中国や日本の失われゆく自然や町並みを描いた水墨画もあり、来場者が見入っていた。

 探検の殿堂は東近江市にゆかりの深い探検家西堀を中心に日本人探検家を顕彰する施設。新たな活用法を探るため、初のアート展を作家団体「東近江の芸術を愛する会」と試験的に開いた。

 会場は作品を展示した壁12枚が中央から放射状に広がり、来場者はほかの美術館とはひと味違った雰囲気を楽しんでいた。12月25日まで。月曜(祝日の場合は翌日)休館。午前9時半〜午後5時。300円。東近江市民は無料。

西堀榮三郎記念探検の殿堂
滋賀県東近江市横溝町419
アクセス:近江鉄道本線八日市駅からちょこっとバス湖東線で20分、探検の殿堂・味咲館下車すぐ


クレフィール湖東
鈴鹿の山並みを背景に素晴しい夕陽と琵琶湖を遠望できるホテル
滋賀県東近江市平柳町22-3

【お料理】
夕食は料理人が腕をふるい、地元の旬の素材を活かした和会席を月替わりでご用意いたします。きっとご満足いただけると思います。
朝食は湖東平野、お天気がよければ琵琶湖まで見えるレストランにてご用意いたします。

【大浴場】
1階にございます大浴場『至福の湯』は、週替わりで男女が入れ替わります。露天風呂のタイプが違いまして、岩風呂(浴場A)と檜風呂(浴場B)がございます。
浴場は、主湯・薬草風呂・露天風呂の3種類ずつご用意いたしております。薬草風呂は少しぬるめに温度設定をしておりますので、ごゆっくりどうぞ。

| 滋賀

秀吉の出世描く豪華屏風 長浜で企画展

 長浜城主として長浜のまちづくりの礎を築いた豊臣(羽柴)秀吉と長浜曳山まつりを紹介する企画展が、滋賀県長浜市元浜町の曳山(ひきやま)博物館で開かれている。

 秀吉は、商工業の発展だけでなく、長浜八幡宮の例祭で家臣に「太刀渡り」と呼ばれる武者行列を行わせ、同まつりの基をつくったことで知られる。

 展示では、屏風(びょうぶ)や長浜の町衆との関わりを示す文書、秀吉信仰を示す肖像画など9点が並んでいる。

 秀吉の出世物語を描いた「秀吉出世物語屏風」は六曲一双。江戸時代後期の作で、本能寺の変や、秀吉が信長の草履を温める姿、信長死後の天下統一に向けた戦いなどが描かれている。同まつりの子ども歌舞伎の人気演目、絵本太功記の「尼ケ崎の段」の浄瑠璃本もある。10月6日まで。高校生以上600円。小中学生300円。同館TEL0749(65)3300。

曳山博物館
滋賀県長浜市元浜町14-8
アクセス:JR北陸本線長浜駅から徒歩7分


北ビワコホテル グラツィエ
ようこそ!時の隠れ家へ・・北イタリアをイメージした館内があなたを日常から開放します☆
滋賀県長浜市港町4-17

【お料理】
館内には和食・フレンチ・中華・イタリアンの4つのレストランがございます。地元食材を使用した会席料理・近江牛フレンチ・中華フルコースなど・・季節に合わせたお料理とサービスでお客様をおもてなし致します
| 滋賀

台風被害なんの、タヌキが元気づけ 信楽で「まちなか芸術祭」 滋賀

来月1日から さまざまな催し

 県特産「信楽焼」の文化を広く知ってもらう「信楽まちなか芸術祭」が10月1〜20日、甲賀市信楽町で開かれる。信楽地区では台風18号の影響で「地元の足」の信楽高原鉄道が不通となったのをはじめ多数の家屋が浸水被害に遭うなど今も復旧作業に追われている。実行委は「こんな時だからこそ多くの人に足を運んでもらい、まちを活気づけたい」と意気込んでいる。



 市などでつくる実行委員会が3年に1度のイベントとして平成22年に始め、2回目。同鉄道・信楽駅周辺の「まちなか会場」をはじめ、県陶芸の森とMIHOミュージアムの計3会場で、タヌキをテーマにするなどしたさまざまな催しが繰り広げられる。

 目玉企画は、同地区で活動する芸術家や県立信楽高校の生徒が制作した個性豊かなタヌキの置物をまちじゅうに展示する「ザ・タヌキ」。水中メガネを付けたり、野球のユニホームを着たりしたユニークなタヌキの置物約160体が、民家の軒下や空き地などに登場し、まちを華やかに彩る。

 同地区では、台風18号の影響で約250戸が浸水し、信楽焼の工房の屋根が破損するなどの被害があった。さらに、同鉄道は鉄橋が流されるなどして今も運休が続き、復旧の見通しが立たず、代行バスで対応している状況だ。

 集客に影響する同鉄道の運休は実行委にとっても誤算。担当者は「正直痛いがこんな時だからこそ、芸術祭で地域を盛り上げたい。ユニークなタヌキを見て、観光客にも地元の人にも元気になってほしい」と期待している。問い合わせは実行委((電)0748・70・3304)。



水口センチュリーホテル
レジャー&ビジネスに活躍!市内の中心で木立に囲まれ落ち着いた雰囲気のシティホテルです。
滋賀県甲賀市水口町名坂170-1

【お料理】
朝食
営業時間/ご朝食 7:00〜9:00 和洋バイキング
手作りにこだわった厳選食材をご提供しております。
前日予約 800円
当日予約 1,000円

| 滋賀

紫式部ゆかりの地 石山寺で源氏歌劇 22日、本堂で上演

 紫式部が源氏物語の構想を練ったと伝わる大津市の石山寺で9月22日、物語を原作としたオペラ「月の影」が上演される。国宝の本堂内に特設ステージを設置し、同寺の秋月祭で境内がライトアップされる中、平安時代の愛憎劇を荘厳に歌い上げる。

 奈良県内を拠点にオペラ公演に取り組む「声藝(しょうげい)舎」が上演する。「月の影」は源氏物語千年紀を記念して、作曲家の尾上和彦さんが制作した。2009年に宇治市で初演し、今回が3度目の公演。制作当初から紫式部ゆかりの石山寺での上演を熱望していたといい、寺の協力で実現した。

 オペラは源氏物語の全編を基にした75分の作品。夕顔との死別や、葵上(あおいのうえ)と六条御息所(ろくじょうのみやすどころ)の争いなど名場面を織り込み、光源氏が数々の女性と出会う物語をたどる。

 尾上さんは「人の心には愛と欲があるが、それを自覚しどうバランスをとるかというのが物語の教え。光源氏と六条御息所を大胆に取り上げながら、物語の根幹部分を集めた」と話す。国宝本堂での公演には「空間が舞台そのもの。音響も素晴らしい」と期待する。

 光源氏役の川崎慎一郎さんは「光源氏がどう成長していくかを表現したい。紫式部ゆかりの寺なので、彼女の魂のような何かに出会えるのではと楽しみ」。指揮者の一人奥村哲也さんは「紫式部が物語のきっかけを得たという寺で、音楽と景色が一体となり、当時と今をつなぐすてきな空間ができるのでは」と話した。

 午後6時と同7時45分の2回公演で各250席(1回目は残りわずか)。鑑賞料5000円(夜間入山料含む)。同寺は当日午後5時半から同9時半まで開門しており、公演前後にライトアップされた境内の散策も楽しめる。申し込みは石山観光協会TEL077(537)1105。

石山寺
滋賀県大津市石山寺1-1-1
アクセス:京阪石山坂本線石山寺駅から徒歩10分



大津プリンスホテル
超高層38階。すべての客室から琵琶湖の雄大なパノラマをお楽しみいただけます。
滋賀県大津市におの浜4-7-7

【お料理】
■朝 食■
レストランまたは宴会場にて和洋バイキング

和食 清水
36階からの素晴らしい景色を眺めながら日本料理をご賞味いただけます。

ステーキ&シーフード ニューヨーク
ランチは60種類、ディナーは80種類がずらりと揃うバイキング。琵琶湖のパノラマを眺めながらお楽しみください。

フランス料理 ボーセジュール
38階からの眺望と本場のフランス料理をお楽しみいただけます。
| 滋賀

「びわ湖大津秋の音楽祭」14日開幕 滋賀

■フィナーレ飾る1000人の吹奏楽

 湖国の秋を音楽でにぎやかに彩る恒例の「びわ湖大津秋の音楽祭」が14日から11月4日まで2カ月近くにわたって、大津市で開催される。期間中、音楽以外の関連行事を含め計68のイベントで同市の中心部を盛り上げる。初の試みとして、演奏者を千人集めて吹奏楽のステージを披露しフィナーレを飾る計画で、参加者を募っている。

 大津の街を音楽で盛り上げようと、16の企業や団体、文化施設が運営協議会をつくって4年前からロングランの音楽祭を開催している。今回は、オープニング行事として14日正午から、なぎさ公園おまつり広場で開かれる「アフタヌーンジャズ〜びわ湖の風に吹かれて〜」を皮切りに、52日間の期間中、38の音楽行事と30の関連行事を予定している。

 各イベントで取り上げられる音楽は、クラシックをはじめジャズやポップス、民族音楽など多彩。びわ湖ホールをはじめ、スカイプラザ浜大津や市民会館、しがぎんホール、奏美ホール、フィガロホール、ながらの座・座などが会場となる。

 注目行事は、最終日の11月4日になぎさ公園おまつり広場で行われる「びわ湖に響け!1000人の吹奏楽 with淀工」。全日本吹奏楽コンクールで金賞獲得数が最も多いなど実力に定評のある大阪府立淀川工科高校吹奏楽部を招き、大勢の参加者が同部と一緒に「アルメニアンダンス・パートI」「ふるさと」などを演奏する試み。指揮は全国に多くのファンを持つ同部顧問で高島市出身の丸谷明夫さんが務める。

 運営協議会ではこの催しの参加者を募集している。小学・中学・高校生を中心に、音楽が好きなら経歴を問わず誰でも参加可能。参加無料で、10月16日まで受け付けている。申し込み方法などの問い合わせは運営協議会((電)077・528・2501)。

 運営協議会長を務めるびわ湖ホールの山中隆館長は「音楽祭があり、琵琶湖のある大津には、人を引きつける力がある。びわ湖ホールが開館15周年を迎えるのに加え、千人の吹奏楽という新たなイベントでさらにまちを元気にしたい」と期待している。




ロイヤルオークホテル スパ&ガーデンズ
ようこそ、癒しのガーデンホテルへ。日常からのエスケープをトータルにコーディネイトいたします。
滋賀県大津市萱野浦23-1

【お料理】
健康と美を追究。こだわりの食材が活きる絶品を味わう。〜レストラン&バー〜
地元近江の大いなる自然に育まれた新鮮な食材をふんだんに使い、おいしさはもちろんのこと、「美と健康を育む料理」という視点にもこだわった7つのレストラン&バー。その日の気分や目的に合わせてセレクトできるバラエティに富んだメニューを存分にご賞味ください。

ステーキ石山
目の前に広がる琵琶湖。夕暮れと共に変わり始める景色を眺めながら、地元名産の近江牛のステーキをはじめとする、ISHIYAMAこだわりのお料理をお楽しみ頂けます。

【スパ】
五感を満たす充実のスパ
大いなる休息の場がテーマの当ホテルは、健康と美にもこだわります。スパでは天然成分のケア製品で心ゆくまで至極のトリートメント体験を。静寂に包まれたリラクゼーションルームで本来のあなたを取り戻してください。


| 滋賀

日野で芋競べ祭、今年は豊作

 サトイモの長さを東西の集落が競い、コメの豊凶を占う「芋競(いもくら)べ祭(まつり)」が9月1日、滋賀県日野町中山の熊野神社で営まれた。国の重要無形民俗文化財に指定されている奇祭で、今年は西谷集落が勝ち、「豊作」と判定した。

 800年以上前から続くと伝わる祭礼。中山地域の西谷、東谷の両集落がそれぞれ栽培したイモの長さを競い、西谷が勝つと豊作、東谷が勝つと不作と言われている。

 両集落の若者が割り木を当ててイモから葉までの長さを測った。自分たちの方が長いと双方譲らず、独特の千鳥足の踊りも交えて何度も測り直すのがユーモラスで、住民など約100人が見守った。

 芋競べ祭は例年、中山地域の野神山に設けた祭場で行うが、今年は雨のため、熊野神社で営んだ。同神社で行うのは極めて珍しい。


芋競べ祭
近江鉄道日野駅の西約3kmにある野神(のがみ)山で、毎年9月1日に行われる祭です。
東西2つの集落が、神前で里芋の長さを競い合う祭で、これに似た祭は全国どこにもなく、まさに天下の奇祭といわれています。 
平安時代末期から続けられている勧農行事といわれています。なぜ、里芋の長さを競べるのかについては定説がなく、稲作以前の日本人の常食だった芋の名残りであるとか、「いも」つまり鉄器を司る神の代用であるなどの諸説があります。
 
当日の9月1日は、中山の東西で栽培されたものの中でもっとも大きい里芋を選んで、孟宗竹(もうそうだけ)に結わえておきます。そして、熊野神社で盃の儀式を終えた後、東西別々の道を通って野神山へ登ります。前日までに祭場は、山子と呼ばれる男児たちによって竹で囲いを作ったり、小石をぎっしり敷き詰められて準備されています。

山上の祭場で、東西7人ずつの山若と呼ぶ青年たちが祭を始めます。まず、三々九度の盃があり、角力が奉納されます。それから、膳が出されたり引き出物の交換があったりと約2時間の儀式が続き、1番最後に、芋の長さ競べが行われて勝負を決定します。
西谷の芋が長いと豊作、東谷の芋が長いと不作になるといいます。 

平成3年2月21日に国の重要無形民俗文化財に指定されました。

| 滋賀

「タイムスクープハンター」彦根城の撮影地は 1日ラリー

滋賀県彦根市は、彦根城などで撮影された映画「劇場版タイムスクープハンター」の公開(31日)を記念して9月1日、同城内の撮影ポイントを巡るスタンプラリーを催す。
 
イベントは、市と昨秋の撮影に協力した市民グループ「彦根を映画で盛り上げる会」が共催。
午前9時半から城の表門券売所で先着500人にスタンプ台紙を配布する。
城内の撮影ポイント4カ所でスタンプを集めると、特製手ぬぐいをプレゼントする。
 
また、城内で和装や甲冑(かっちゅう)姿の侍にふんしたスタッフからの課題をクリアすれば、翌2日に市内である主演俳優・要潤さんのトークショー参加券がもらえる。
 
参加無料だが、城の入山料が必要。問い合わせは、ひこね街の駅戦國丸TEL0749(27)5058。



滋賀県 湖東(守山・近江八幡・彦根) でぜひ宿泊して欲しい素敵な宿泊施設です。
湖東(守山・近江八幡・彦根) 楽天トラベルランキング


コンフォートホテル彦根
新築だから新しくてきれい♪JR彦根駅東口 目の前だからどこへ行くのも便利です♪
滋賀県彦根市古沢町155

【お料理】
爽やかに目覚めたら、身支度を整えぜひ朝食コーナーへお越しください。
フードコート形式でご提供しておりますので、好きなものをご自由にお選びください。
コンフォートホテルの無料朝食サービスで、一日を元気にスタート!

【観光スポット】
百済寺(滋賀県東近江市百済寺町323)
聖徳太子が百済人のために創建したと伝わる近江の最古級寺院で、湖東三山の一つ。近江西国・神仏霊場・百寺巡礼などの札所でもある。本尊「植木観音」は、韓国龍雲寺本尊と同木二体であったと伝わる。1000余の僧坊を構える壮大な寺院だったが、織田信長の焼討で壊滅。江戸時代初期に本堂、仁王門、山門などが再建された。国史跡の広大な境内地は数万本の緑の樹木で覆われ、四季を通じ美しい。特にその秋景は「日本紅葉百選」にも選ばれ見事だ。

| 滋賀