ささしまのホテルで伊勢志摩の食材を使ったグルメフェア /愛知



名古屋駅南エリアにあるささしまライブ24地区にある「ストリングス ホテル 名古屋」(名古屋市中村区平池町4)内のレストラン「シェフズ ライブ キッチン」で5月16日から、伊勢志摩サミットに合わせグルメフェア「日本を味わおう 伊勢志摩」が開催されている。

 初夏に向けた食材や、伊勢志摩地方の食材を使った期間限定のメニューを含む約50種類の料理が並ぶ同企画。ビュッフェ形式でランチとディナーを用意する。

 「旬を迎える食材はゴーヤー、ピーマン、パプリカ、ミョウガなどの野菜のほか、スズキ、カツオ、トビウオなどの魚介」と、同企画を手掛けるシェフの菅居圭一さん。オープンキッチンを備える同店。「目の前での調理、音や香りなどライブ感を楽しんでほしい。スタッフと会話もできる」とも。

 ファーストディッシュとして提供するスープ料理は「コラーゲンたっぷり 伊勢志摩産アオサノリと飛び魚のスープ」。ビュッフェメニューは、サラダ、前菜、麺・飯類、温製料理、デザート。伊勢志摩産のスズキを使った蒸し料理「伊勢湾の天然スズキのバプール 三重県木曽岬トマトとエシャロットを使ったドレッシング」、松阪ポークの内モモ肉を低温でや柔らかく仕上げたという「三重県産 松阪ポークのオーブン焼き コルニッションと粒マスタード」は菅居さんのおすすめメニュー。

 そのほか、「伊勢味噌(みそ)で漬け込んだステッペンチーズの大葉巻き」、伊志摩半島で取れたメカブを使った「初カツオと三重県産めかぶのさっぱりおろしサラダ」「三重県産モウカサメのポテト焼き」、伊勢マダイや愛知県産のネタを使った職人が目の前で握るすしなど。

 価格はランチビュッフェ(11時〜14時30分)=平日3,141円、土曜・日曜・祝日3,554円、ディナービュッフェ(17時30分〜22時)=平日4, 381円、土曜・日曜・祝日4,794円。子ども(6〜12歳)、幼児(3〜5歳)は別料金。



ストリングスホテル 名古屋
2016年1月21日オープン。名駅徒歩10分と観光やビジネスに最適のアクセスのアーバンリゾートホテル
愛知県名古屋市中村区平池町4-60-7

【お料理】
“ヘルシー・ビューティ・フレッシュ”をコンセプトに、ライブ感あふれるブッフェスタイルを展開するシェフズ ライブ キッチンは、ディナー定番メニュー『骨付きプレミアム ローストビーフ』『お寿司』『天ぷら』はもちろん、ランチで人気の『パリパリチキン』や『ビーフステーキ』など、シェフが目の前で料理するパフォーマンスをお楽しみいただけます。
ブッフェをお召し上がりいただく前にお客様のテーブルへお届けするファーストディッシュ『コラーゲンたっぷり美肌&健康スープ』は当店自慢の一品となっております。

【客室】
洗練された設えとテンピュールRのリラクゼーション電動ベッド「Zero-GR Curve (TM)」の進化したくつろぎ。張りと緩みとがバランスのいい リッチ&コンフォートで特別なひとときを。
| 愛知

10月27日 ウェスティンナゴヤキャッスルで「発酵女子会」−発酵食品とワインテーマに /愛知

 ウェスティンナゴヤキャッスル(名古屋市西区樋の口町3)で10月27日、愛知県の発酵食品ボルドーワインを楽しむ「発酵女子会」が開催される。運営はルージュ・プロジェクト実行委員会。



 同実行委員会の北村さんは3年前、別のイベントを通じて愛知県内の発酵調味料のバラエティの豊かさに驚いたという。「愛知で生まれ育って、赤みそなどの発酵調味料が料理に使われることはとても自然なことだった。知らず知らずに口にしていた」と振り返る。

 「愛知は『発酵王国』。自動車や飛行機などハード面だけではなく、おいしい『ものづくり』も盛んな所。肉や魚、野菜、果物などの食材と一緒に、みそやみりん、酢といった調味料も特産で、大切な観光資源」と北村さん。「愛知県の健康寿命は、女性が国内3位、男性は国内1位というデータが出ている。大人に向けた食育として、若い人にも発酵食品に関心を持ってほしい」と同委員会を発足。今回がそのキックオフイベント。

 「フランス・ボルドー市副市長とのご縁を得て」開催となった同イベントは、「食をコミュニケーションのツールとして、海外にも目を向けた食文化の交流になれば」と話す。ボルドーに目を向けた点については、「愛知の県民性と似ているところがある。コンサバな気風で、良質なものが分かる目を持っている人が多い。赤みそと赤ワインなど、共通の発酵食文化を持つことで、同じ食文化の深さを分かり合える都市」

 当日前半は、発酵文化研究家の小泉武夫さんが「我が心に残る発酵食品」をテーマに講演を行う。「発酵といえば小泉さんと言われるほど、話が面白くて人気の先生。学術的に発酵文化の特色を聞き、作り手の話を聞いて、発酵食品をもっと知ってもらいたい」と北村さん。会場には、発酵文化に貢献している県内の団体や企業の展示ブースも展開する。

 後半は、料理研究家の上野万梨子さんと同ホテル料理長の古岩井シェフによる「発酵フレンチメニューをボルドーワインと楽しむ」ディナー・トークショーを開催。赤みそ、たまり、しょうゆ、みりん、酢、豆乳グルト、酒かすなどの発酵食品と愛知県内外の野菜や海産物、肉や乳製品を使った発酵食フレンチ、料理に合わせたボルドー産のワインを用意。「上野さんは、家庭でできるフランス料理を紹介するカリスマ的存在。当日のメニューは、お持ち帰りレシピも付いてくるので、今後のお料理のヒントになれば」。

 「愛知の発酵食品の素晴らしさを再発見してもらい、発酵調味料を使った料理とワインを一緒に楽しむ食卓の可能性を広げるきっかけになればうれしい」と、来場を呼び掛ける。

 開催時間は15時30分〜19時30分。会費は1万5,000円。


ウェスティンナゴヤキャッスル
名古屋駅から車で8分。名古屋城を目の前に臨むロケーション。自然との調和をお楽しみください
愛知県名古屋市西区樋の口町3-19

【お料理】
最上階から美しい名古屋城と景観を見下ろす「コンテンポラリー・ダイニング クラウン」では、ダイニング・鉄板焼・バーの3つのエリアで、それぞれの味わいと極上の時間をお楽しみいただけます。
現代東洋をイメージした「中国料理 柳城」では、モダンスタイルにアレンジされた広東料理と四川料理、そして本場の飲茶をご用意。
さらに厳選された旬の味覚を盛り込んだ各種懐石コース、すき焼などの鍋類メニューも豊富な「日本料理 西の丸」、お飲物や軽食メニューが充実した「オールデイ・ダイニング ブローニュ」もございます。
【朝食は、ホテル自慢のロハスブッフェ】
ホテル1階の「オールデイダイニンングブローニュ」にて和洋ブッフェをお楽しみください。(7:00〜9:30)

【客室】
気品漂う調度品やヘブンリーベッドレジスタードマークなど、快適を追求した客室。
名古屋城を眼前に望む客室は、調度品やインテリアにもこだわったシックで安らぎの空間です。また一部の客室には、ウェスティンが北米本部で究極の眠りのために開発した「ヘブンリーベッドレジスタードマーク」をご用意。雲の上の寝心地をご体感ください。ゆったりとしたくつろぎのひとときと、快適なホテルライフをお約束いたします。

| 愛知

「円頓寺 秋のパリ祭」開催へ−雑貨・ファッション・フードなど約70ブース出店 /愛知

 円頓寺商店街で10月13日・14日、「円頓寺 秋のパリ祭」が行われる。

 同商店街にあるスペインバル「バル ドゥフィ」(名古屋市西区那古野1)などを経営する水野さんを筆頭に進められてきた同イベント。パリ好きの水野さんが発案。このかいわいのまちづくりを有志で行うメンバーや、円頓寺で付き合いのある面々もフランス好きであることや、フランスの情報誌を発行している人もいることから、実行のイメージをつかみ実現に向け動き出した。同商店街の七夕まつりの時には、はりぼてのエッフェル塔を制作し、パリ祭開催中も会場を飾る。

 「円頓寺のいつものアーケードが、2日間だけパリのパッサージュになる」というイベント内容をはじめ、「フランスをイメージさせるもの」をテーマにした約70のブースが並ぶ。アンティーク、ベトナムフレンチなどの雑貨、ファッション、キャンドルなどの物販や、ビストロ、カフェ、パン、菓子などの飲食、アートや映画企画なども。東海エリアが中心だが、東京、大阪、和歌山などからの出店もある。そのほか、商店街の通りにステージを設置しライブを開催するほか、有料で屋内ライブも行う(チケットはホームページから予約できる)。

 前日の12日は前夜祭を開催。18時から商店街で「愛の讃歌大合唱会」を行う。「出店者、商店街の人、そこに居合わせた人、誰でも参加できる」。続いて、屋内ライブ会場で、ライブを行う(有料)。22時まで。

 「街の人の反応が意外に良かった」と水野さん。「商店街の人の中に、『自分もフランスが好き』という人が結構いたことを発見した」とし、「クリーニング店の方が愛の讃歌が好きで、歌わせたらなかなかのものだ、という話を聞いたり、老舗の着物店の方もフランスが好きで、このイベントをきっかけにフランス23区の地図をモチーフにデザインした帯を制作した」と経緯を語る。

 開催時間は、13日=12時〜21時、14日=11時〜20時。

四間道
愛知県名古屋市西区那古野1付近
アクセス:地下鉄国際センター駅から徒歩5分



京屋旅館<愛知県>
【庭園】を望み【離れの湯】へ!木曽檜、高野槇をふんだんに使用、木の香り溢れ、畳のお部屋でリラックス!
愛知県名古屋市西区幅下2-11-4

【お料理】
赤ちゃんと一緒!部屋食プラン【夕・朝食付】
夕食・朝食共におへやにお持ちいたします
布団は、三つ折り状態か敷きっぱなし(お子様も疲れたら、すぐお休みいただけます)、その横でお食事。
ほかのお客様に気兼ねすることもなく、ゆっくり召し上がっていただけます。
朝ご飯もお部屋で、楽ちん!
夕食は、名古屋名物を存分に!【名古屋の大馳走】をお支度いたします
※名古屋の大馳走
コーチン蒸籠蒸・ロブスターフライ・タコ刺・鬼饅頭・うなぎ載せご飯・味噌おでん

【客室】
館内には、快適なご滞在をいただけるような便利な施設がそろっております。
家に帰ってきたような、親戚の家にうかがったような感覚で、お気軽にご利用ください。
京屋旅館の客室からは純和風の庭園を眺めることができます。(一部客室を除く) 名古屋の中心部にあるとは思えない、落ち着いた雰囲気の室内で、こころゆくまでおくつろぎください。
当館には、様々な広さの客室が10部屋ございます。大勢でお泊りの際、客室の振り分けにお困りでしたら、お気軽にお問合せくださいませ。
| 愛知

名駅・桜通りカフェで「信州しおじりスペシャルショップ」−ワインなど特産品販売 /愛知

 地下鉄国際センター駅近くの「プロダクトショップ&桜通りカフェ」(名古屋市中村区名駅3)で10月7日から、「いきいき満彩 信州しおじりスペシャルショップ」が展開される。

 長野県塩尻市とエフエム愛知との合同企画で始まった同ショップは、今年で3年目を迎える。桜通りカフェでの開催は今回が初めて。「東海地方の皆さんに、ワインやブドウ、野菜や工芸品など塩尻市の特産品を体感してもらえる場所として、期間限定のショップを展開する」と、エフエム愛知のイベント担当者。

 アルプスワイン井筒ワイン信濃ワイン五一ワインなど塩尻市内のワイナリーで造られたワインの試飲販売が行われるほか、醸造用に使われるブドウの試食も予定している。10月11日には、エフエム愛知のリスナーを招待するワインパーティーを開催。塩尻市の職員で「塩尻市ワイン振興コーディネーター」の西牧穂高さんを講師に招いたワインセミナーが行われる。

 期間中、特産品の購入者で毎日先着30人に塩尻特産ブドウ「ナイヤガラ」のプレゼントも。ブドウやリンゴを使ったジャムや辛しみそなどの農産加工品の試食販売や、漆のグラスや器、箸などの木曽漆器、「おやき」も販売する。「採れたてのブドウもたくさん店頭に並ぶので、旬の香りも楽しめるのでは。塩尻市の魅力を知ってもらうきっかけになればうれしい」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は11時〜20時(土曜は16時まで)。日曜・祝日定休。10月12日まで。




名古屋駅前モンブランホテル
名古屋駅から徒歩2分。客室有線LAN対応(改装前のお部屋は無線LAN)ドラッグストア、コンビニ隣接。
愛知県名古屋市中村区名駅3-14-1

【お料理】
レストラン 襄(JYO)
昼のランチもボリューム満点♪夜は鉄板焼き、くし揚げがメインの創作居酒屋 
定休日 なし 営業時間 11:30〜14:30  17:00〜2:00
・朝食は朝7:00〜9:30まで、
1階“伊食酒房 マンジャーモ”の洋食バイキング
2階“鉄板料理 串揚げ 襄”の和定食よりお選びいただきます。

【客室】
自分の部屋感覚でお過ごしいただけるシックな内装です。
フカフカの布団に寝心地抜群のベッドでゆっくりお休みください。

| 愛知

名駅近くの運河で「中川運河キャナルアート」−水面や倉庫外壁生かす /愛知

 名古屋港と笹島貨物駅(現あおなみ線ささしまライブ駅南方付近)を結ぶ中川運河を舞台にしたアートイベント「中川運河キャナルアート Project No.3」が9月29日から、土曜・日曜の合計5日間開催される。今年で4年目。

 今年のテーマは「運河、躍動。」。運河に面し軒を連ねる倉庫内や外壁、運河の水辺を使ってさまざまな企画を用意。

 29日は、地元「鈴木バイオリン製造」にゆかりのある「スズキ・メソード」による子どもたちによるバイオリンコンサート、10月12日〜13日には、日韓のクリエーターが光とファッションをキーワードにした取り組みの展覧会「CONSONARE 2013 EXIBITION」を開催。

 同19日〜20日には、倉庫外壁と水面を活用して、色鮮やかなで幻想的なデジタル映像投影するアート「デジタル掛け軸」を展開し、能楽師とのコラボレーションも行う。運河の対岸から眺めることができ、毎回、多数の来場者があるという。また、同日は、倉庫の中で音楽やダンス、アート、カフェやマルシェなどが一堂に会した「キャナル・マルクト・フェスタ」を開催するほか、水面にバルーンアートを浮かべる展示も行う(イベントには有料のものもある)。

 イベントの開催時間など詳細はホームページで確認できる。



名古屋東急ホテル
【楽天アワード◇2009◇プレミアム部門】銀賞受賞◆国際的なヨーロピアンエレガンスあふれるホテル
愛知県名古屋市中区栄4-6-8

【お料理】
フレンチレストラン「ロワール」をはじめ、和食「なだ万」や中国料理「南国酒家」などいずれも季節の旬味を取り入れた豊富なメニューを取り揃えてお待ちしております。
◇レストラン『ロワール』
メインダイニングでありながらビストロの気楽さを感じさせるフランス料理店。また、鉄板焼グリルルームでは地元の食材をご堪能ください。
◇コーヒーハウス『モンマルトル』
朝食からランチ、軽食、夕食と食材はもちろん調味料や調理法まで追求し、心と体に本物の美味しさを届けます。パティシエこだわりのスイーツをはじめ、天然酵母を使った焼きたてパンやギフト各種の販売コーナーもございます。
◇メインバー『フォンタナ ディ トレビ』
中世の古城を思わせる空間に伸びる直線的なカウンター。重厚な装飾、落ち着きのある静寂の中で、銘酒、カクテルをお楽しみ下さい。

【客室】
【心地よいヨーロピアン感覚につつまれて】
『ヨーロピアンエレガンス』をコンセプトに、瀟洒なインテリアでまとめられたゲストルームは562室。
いずれのお部屋も、ゆとりのスペースと落ち着いた色調のインテリアに爽やかな気品を漂わせ、深いくつろぎをご提供いたします。
また、エグゼクティブフロアにご宿泊のお客様だけにご利用いただける特別な空間「エグゼクティブビジネスサロン」ではVIPの皆様に相応しいおもてなしをお約束いたします。

| 愛知

名古屋・栄の松坂屋美術館で「知られざるミュシャ展」−日本初公開作品も /愛知

 松坂屋名古屋店(名古屋市中区栄3)南館7階の松坂屋美術館(TEL 052-264-3611)で9月7日から、「知られざるミュシャ展―故国モラヴィアと栄光のパリ」が開催されている。

 装飾性豊かなポスターや版画が、今もなお多くの人に愛され続けているアルファンス・ミュシャ(1860年〜1939年)。彼の転機となったのが、1894年に制作した、当時の伝説的な女優・サラ・ベルナールのポスター「ジスモンダ」だ。多くの画家がクリスマス休暇を取っていたため、ポスターを制作する人が見つからず、まだ売れない画家であったミュシャにたまたま依頼が来たという。「一夜にして、パリの街がミュシャのポスターで彩られた。そこからミュシャの人気に火が付き、一気にスターダムへとのし上がることに」と学芸員の荘加さん。流れるような髪に華やかな衣装を着飾った美しい女性、色とりどりの花や植物、ゴージャスな宝石などをちりばめられた作品は一世を風靡(ふうび)し、アール・ヌーヴォーを代表する世界的な作家となった。

 同展は、ミュシャの祖国であるチェコの個人コレクションを中心とするもので、コレクション自体が日本初公開となる。人気のきっかけとなった「ジスモンダ」をはじめとする代表的なポスターや版画をはじめ、珍しい油彩作品「エリシュカ」や超大作「スラヴ叙事詩」の習作など、水彩・デッサン・油彩類の初公開となる作品を展示。加えてミュシャが新生チェコのためにデザインした紙幣、切手、ミュシャによる興味深い写真なども並ぶ。

 「後半に展示される『スラヴ叙事詩』のような作品は、華やかなポスター作品とは異なる印象を受けるはず。知られざる…という展覧会名にあるように、今まで知られてこなかったミュシャの一面を感じてもらえれば」と荘加さん。

 開館時間は10時〜19時30分(入館は閉館の30分前まで)。入館料は、一般=1,000円、高大生=800円、中学生以下無料。10月14日まで。


| 愛知

路上写真展「岡崎百人百景」再開−100人が歩いて撮った2799枚 /愛知

 台風18号の影響で一時中断していた路上写真展「岡崎百人百景」が9月21日、再開した。旧「セルビ」(岡崎市康生通西3)の解体工事現場保護壁に107人が撮影した写真2799枚が貼り出されている。

 「あいちトリエンナーレ2013 まちなか展開拡充事業」(通称まちトリ)」の主催企画で、「岡崎百人百景−私が見つけたまちの新名所 100人撮影会」と題して名古屋は7月20日、岡崎では7月28日に撮影会を行った。

 撮影に使ったカメラは主催者が用意した27枚撮りのレンズ付きフィルム1つ。富士フイルムが「写ルンです」を提供した。岡崎は「中心地の戦災復興エリア」が撮影対象地に。100人以上が一斉に街なかを歩きまわり、思い思いの目線で切り取り撮影した。

 岡崎は124人の参加予定だったが欠席などもあり107人が参加。気温34度のなか11時20分に岡崎公園(康生町)内巽閣を出発・解散。16時に「りぶら」でカメラを回収した。デジカメに慣れた参加者が多く撮影に失敗して現像できないものもあった。

 10月4日には、岡崎市図書館交流プラザ「りぶら」(康生通西4)「りぶらホール」で「百人百景シンポジウム」を開催する。

 写真展示は10月14日まで。



グリーンホテルリッチ 徳川園
高台の樹林の中静かなホテル。インターネット接続無料(全室)有線・無線LAN。門限なし。
愛知県岡崎市明大寺町字狐塚26

【お料理】
当ホテルでは朝食、夕食は予約制となっております。
宿泊プラン一覧より食事付プランをご予約頂くか、 朝食は「宿泊日前日」、夕食は「宿泊日前々日」までにご連絡頂ければご用意できます。
朝7:00前にお食事される場合はお手数ですが 別途前日までにご連絡下さい。
朝食は350円から、夕食は850円となっております。
アルコール飲料はホテル入り口にある自動販売機でお買い求めください。
なお、アルコール等のお持ち込みも可能です。

【客室】
○エコノミーシングル
セミダブルベッド(130cm×190cm)使用
約12平米
セミダブルベッドですのでお1人様でのお休みには充分快適です。
○エコノミーツイン
セミダブル(130cm×190cm)とシングル(100cm×190cm)使用
約19平米
ファミリー様などのご旅行をリーズナブルに提供いたします。
| 愛知

岡崎・浜松・静岡合同で初の「家康公検定」−岡崎は最多受検者数に /愛知

 岡崎商工会議所(岡崎市竜美南1)で9月22日、第1回「家康公検定」が行われた。

 2015年が徳川家康の没後400年にあたることから、家康公ゆかりの静岡市・浜松市・岡崎市と各商工会議所、静岡県が合同で「徳川家康公顕彰四百年記念プレ事業」を進めており、岡崎市で独自に過去3回実施してきた同検定を今年から浜松市、静岡市と合同で実施することになったもの。

 岡崎会場は今回最多の624人が受検。浜松会場301人、静岡会場301人で合わせて1226人が受検した。

 岡崎では、岡崎商工会議所内の大ホールのほか中ホールや視聴覚室など8部屋を試験会場として用意。試験開始後退出可能時間になるとすぐに答案を伏せて会場を出る受検者や、終了時間までじっくり考える人の姿もあった。

 岡崎市内で勤務する西尾市の女性は「会社の同僚と受検した。3回目でこれまで2回とも合格している。仕事にも役立っており、やめるにやめられなくなった」と話す。初めて参加したという岡崎市内在住の小6男児は「満点ではないけれど合格できると思う」と自信を見せる。

 会場の商工会議所ロビーでは検定を共に受けたグレート家康公「葵」武将隊が、食べ物や土産などの販売を手伝った。

 出題テーマは「家康公と戦国武将たち−家康公が歩んだ激動の時代」。試験時間は90分間。100点満点で70点以上が合格。結果は11月1日に郵送予定。合格者には合格証とオリジナル記念品を進呈する。上位合格者には徳川記念財団から表彰状を贈る。



岡崎サンホテル
エコノミー料金で朝食、駐車場無料(5m以上の車両は利用不可)
愛知県岡崎市伝馬通2-22

【お料理】
朝食無料サービス
毎朝パン・コーヒー・紅茶・スープをセルフサービスで提供しております。
牛乳・野菜ジュース等ご希望の方は朝食コーナー内の自販機でお求め下さい。
利用時間は AM7:00〜AM9:30です。

【観光スポット】
岡崎公園(愛知県岡崎市康生町561)
岡崎城址周辺に整備された公園。春になると約1700本の桜が咲き誇る桜の名所としても知られる。園内には、岡崎城天守閣をはじめ、家康が浸かったといわれる産湯の井戸や遺言碑など家康ゆかりの史跡が残る。


| 愛知

9月22日 名古屋能楽堂で「演能空間」−宝生流能楽師・和久荘太郎さん主宰 /愛知

名古屋能楽堂(名古屋市中区三の丸1、TEL 052-231-0088)で9月22日、宝生流(ほうしょうりゅう)能楽師の和久荘太郎さんが主宰する個人演能会「演能空間(えんのうくうかん)」が開催される。

 和久さんは、横浜市生まれ名古屋市出身で1974(昭和49)年生まれ。東京芸術大学音楽学部邦楽科能楽宝生流専攻を卒業。大学在学中に宝生流18世宗家・宝生英雄さんの内弟子となる。現在は、東京・名古屋・大阪を主に、全国の舞台に出演するほか、能楽普及のための講演や能の稽古(個人指導)も行う。

 初めての個人演能会を名古屋で開催することについて、和久さんは「私を無償の愛で育ててくれた、名古屋の能楽界。感謝の気持ちで錦を着て帰り、この公演を立ち上げました」と笑顔で話す。

 同会の幕開けは宝生流20世宗家・宝生和英さんによる舞ばやしから始まり、能やしまい(はやしのない能)、辰巳満次郎さん・河村総一郎さんの一調(謡とはやしの一騎打ち)や名古屋市出身の狂言師・野村又三郎さんによる狂言も行われる。

 今回の見どころについて、「私が舞う能『船弁慶(ふなべんけい)』は、一人二役で静御前(しずかごぜん)と平知盛(たいらのとももり)の幽霊という全く違う人物を演じるところに面白さがある」と、和久さん。同作は、平安時代末期に活躍した源義経とその愛人・静御前、義経の従者で武蔵坊弁慶、平清盛の息子で武将の平知盛といった歴史上人物が登場する演目。

 「(後半には)竹でできた簡素な船の作り物が出ただけで(義経たちが)大海原に出帆したことを表し、はやしとあい狂言(船頭役)によって、荒波を乗り切る様をリアルに演じると、いつの間にかお客さまは、怒涛の中に引き込まれていく」

 来場者に向けては、「初めて能をご覧になる方にこそご来場いただきたい、という思いから、曲もショー的な要素が強くて親しみやすい『船弁慶』を選択した。無料のイヤホンガイドをご活用いただいてお楽しみいただければ」と呼び掛ける。

 開演時間は14時(13時開場)。チケットは、S席=8000円、A席=7000円、B席=6000円、自由席=5000円、学生席=2000円。ホームページで予約できる。


名古屋能楽堂
愛知県名古屋市中区三の丸1-1-1
アクセス:地下鉄市役所駅から徒歩10分



京屋旅館<愛知県>
【庭園】を望み【離れの湯】へ!木曽檜、高野槇をふんだんに使用、木の香り溢れ、畳のお部屋でリラックス!
愛知県名古屋市西区幅下2-11-4

【お料理】
赤ちゃんと一緒!部屋食プラン【夕・朝食付】
夕食・朝食共におへやにお持ちいたします
布団は、三つ折り状態か敷きっぱなし(お子様も疲れたら、すぐお休みいただけます)、その横でお食事。
ほかのお客様に気兼ねすることもなく、ゆっくり召し上がっていただけます。
朝ご飯もお部屋で、楽ちん!
夕食は、名古屋名物を存分に!【名古屋の大馳走】をお支度いたします
※名古屋の大馳走
コーチン蒸籠蒸・ロブスターフライ・タコ刺・鬼饅頭・うなぎ載せご飯・味噌おでん

【客室】
館内には、快適なご滞在をいただけるような便利な施設がそろっております。
家に帰ってきたような、親戚の家にうかがったような感覚で、お気軽にご利用ください。
京屋旅館の客室からは純和風の庭園を眺めることができます。(一部客室を除く) 名古屋の中心部にあるとは思えない、落ち着いた雰囲気の室内で、こころゆくまでおくつろぎください。
当館には、様々な広さの客室が10部屋ございます。大勢でお泊りの際、客室の振り分けにお困りでしたら、お気軽にお問合せくださいませ。

| 愛知