ジブリ美術館に“大人も乗れる”ネコバス、新企画展示で復活



スタジオジブリの宮崎駿監督が、今年も東京・三鷹の森ジブリ美術館の新企画展示『猫バスにのって ジブリの森へ』を企画・監修することが24日、わかった。現在、同美術館は建物の化粧直しや館内設備のリニューアルなどのため、長期休館中。7月16日の営業再開と同時に新企画展示がスタートする(2017年5月まで開催予定)。

同美術館ではこれまで、2001年の『千と千尋の神隠し展』を皮切りに、05年『アルプスの少女ハイジ展』、09年『崖の上のポニョ展』、11年『ねこバスから見た風景展』など、“アニメーションに関する作り手の思い”を紹介した展覧会を開催してきた。

また、02年『天空の城ラピュタと空想科学の機械達展』、07年『3びきのくま展』、14年『クルミわり人形とネズミの王さま展』など、映画を生み出す“発想の種”に焦点をあてた展覧会も行ってきた。

今回は、そんな「企画展示のこれまで」を一堂に集めて、紹介することに。これまでの展示物に新たにアレンジを加えコラージュ風に展示室いっぱいに並べる予定だ。蔵出しした“掘り出しもの市”のようなイメージで、大きな大きな“3びきのくま”や、大人も乗れるネコバスなど、復活の声が多く寄せられた展示物も再登場する。

同美術館は日時指定の入場予約制。昨年同様、夏休みシーズン(7月・8月入場分)のチケットは、転売目的によるチケット購入を防ぎ、チケット購入の機会を公平に提供するために、先行抽選販売を実施しており、25日正午より7月入場の受付が開始される(31日午後11時59分まで)。インターネット、または電話で申し込み。8月入場分は6月25日正午から6月30日午後11時59分まで受付。なお、チケットは記名式となる。



吉祥寺東急REIホテル
吉祥寺駅(南口)前に位置し、都心へのアクセスも便利です。
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-3

【お料理】
朝食
4月からお料理内容を更に充実させ、オムレツなどのパフォ−マンスをはじめ、天然酵母を使ったパン、北海道産のお魚料理などのほか、ヘルシ−なお野菜のお料理もアイテムを増やし、更にデザ−トもご用意しております。一日の始まりに相応しい朝食をお召し上がりください。

【客室】
機能性の高い設備と落ち着いたデザインのインテリアを取り入れた客室は、ゆったりとしたくつろぎのひと時をお過ごしいただけます。
また、全室にインターネット接続用LANポート・加湿機能付空気清浄機をご用意。
出張などのビジネス利用はもちろんファミリーやカップルでのご利用にも最適です。
| 東京

すみだ水族館で葛飾北斎とのコラボ展示−魚図鑑づくりワークショップも /東京

 東京スカイツリータウン「すみだ水族館」(墨田区押上1)で現在、墨田で生まれ育った江戸時代の巨匠絵師・葛飾北斎が描いた水生生物画と生き物を一緒に見ることができる展示を行っている。

 同館飼育スタッフが同区学芸員の協力を得て調査・研究を進め、代表作である「北斎漫画」をはじめとする絵手本 6 冊(三体画譜、北斎図式、画本彩色通、略画早指南、絵本庭訓往来)に描かれている全ての水生生物画162点をリスト化。詳しく分析し、モデルとなった生き物を探した結果、描かれたヒレの形や目の大きさなど形態的特徴や時代背景から、ナマズ、シャコ、サメ(シロワニ)、金魚(らんちゅう)、ニホンウナギ、ドジョウ、ミナミアメリカオットセイ、テナガエビ、モクズガニ、サワガニ、シロメバル、マハゼ、ボラ、マダイ、マアナゴ、アカエイ、ガザミ、マダラエイの計18点について特定した。

 期間中、小学4年生以上を対象に、生き物スタンプを押してオリジナル図鑑を完成させるワークショップ「おさかな北斎漫画〜てづくり魚図鑑〜」を開催。北斎が描いた生き物を特定するまでの経緯を飼育スタッフの解説で楽しく学ぶ。参加無料だが定員制。ホームページほかで申し込みを受け付けている。

 23日までは、館内で「アクアスタンプカード」を配布。ナマズ、シャコ、サメ(シロワニ)、ミナミアメリカオットセイ、金魚(らんちゅう)の5つの生き物の展示場所で北斎が描いたスタンプを集めて、その違いを観察する。台紙が無くなり次第終了。

 15日〜13日には区役所アトリウムにナマズと金魚(らんちゅう)が出張展示し、飼育スタッフによる解説なども行われる予定。無料。

 営業時間は9時〜21時。料金は大人2,000円ほか。10月末日まで。

東京スカイツリー
東京都墨田区押上1
アクセス:地下鉄押上駅直結

| 東京

杉並で企画展「テレビアニメ放送50周年展〜ロボットアニメの50年〜」開催 /東京

 荻窪の「杉並アニメーションミュージアム」(杉並区上荻3、TEL 03-3396-1510)で現在、企画展「テレビアニメ放送50周年展−Vol.2〜ロボットアニメの50年〜」が開催されている。

 同展は1963(昭和38)年に国産初の30分テレビアニメシリーズ「鉄腕アトム」の放送からちょうど50年目となり、それを記念しテレビアニメの50年間を紹介する企画展。第2弾となる今回は日本のアニメの代表的なジャンルである「ロボットアニメ」をとり上げ、多くのロボットアニメの中から特徴的な作品をピックアップし、制作資料などとともに紹介している。

 「日本では、この50年間で数えられないくらいたくさんのロボットアニメが制作された。今回の企画展で展示しているアニメの中にも、 自立型・リモコン型・合体型・変形型・友達型などさまざまなロボットアニメがあることに注目していただけたら」と広報担当の藤田さん。

 「また、これらロボットアニメが、日本の子供たちを楽しませながら創造力を高め、日本をハイテクの国にする一助になった。ロボットアニメをいろいろな視点から楽しんでいただけたら」とも。

 アニメシアターでは「鉄腕アトム」「鉄人28号」「ドラえもん」「六神合体ゴッドマーズ」「超時空要塞マクロス」の上映を行っている。

 開館時間は10時〜18時(入館は17時30分まで)。月曜休館。入場無料。12月15日まで(最終日は16時閉館)。上映のスケジュールはホームページで確認ができる。


杉並アニメーションミュージアム
東京都杉並区上荻3−29−5 杉並会館3階
アクセス:東京メトロ丸の内線・JR中央線 「荻窪駅」  ⇒ 「荻窪駅北口」より「関東バス」で約5分



| 東京

荻窪界隈で「第4回 パンまつり&スイーツフェア」−イベント限定のスイーツも− /東京

 11月9日、10日と桃井原っぱ公園(杉並区桃井3、TEL 03-3390-3154)で「第4回 パンまつり&スイーツフェア」が開催される。

 同イベントは、杉並区内で人気のパン屋と人気の和菓子屋と洋菓子屋が集い、各店の名物の販売や、ここでしか買えないサプライズなスイーツを販売。今回はパン移動販売車やリヤカー販売や、パンに合うはちみつ屋も特別参加する。

 パンの参加店舗は、石窯パンふじみ(和田ほか)、いっ久家(荻窪)、エディーズ・ブレッド阿佐ヶ谷店(阿佐ヶ谷)、象の耳(高井戸、移動販売車)、天然酵母のパンZermatt(荻窪)、パン工房&Cafeマダムシュープリーズ(梅里)聖庵(阿佐ヶ谷)、ブランジェ浅野屋(西荻窪)、ムッシュソレイユ(西荻窪)、ANSEN(西荻窪)、Fun!! house(西荻窪)、Honey’s Bagel(荻窪・井荻・久我山)、Pommedeterre(西荻窪)、藤の木(西荻窪・移動リヤカー)、かむかむhygge(ヒュッゲ)(西荻窪)、エレファントキッチン(阿佐ヶ谷)、アルテリアベーカリー下井草店(下井草)、9日のみ出店は、リスドォル・ミツ(西荻窪)、boulangerie ECLIN(高円寺)、10日のみ出店は、BOULANGERIE KOCHU(阿佐ヶ谷)、シーズマン・ベーカリー(方南)、はちみつ専門店ラベイユ(荻窪)。

 スイーツの参加店舗は、とらや椿山(阿佐ヶ谷)、御菓子司 青柳(西荻窪)、
西荻窪 三原堂(西荻北)、喜久知屋製菓(荻窪)、清風堂(方南)、西洋菓子 周五郎(高円寺南)、Harmonie(アルモニ)(新高円寺)、アングレース(西荻窪)、PETIT GRACE(荻窪)、マカロン エ ショコラ(西荻窪)。9日のみ出店は、御菓子司 清水屋(堀ノ内)

 「区内名店のおいしいパン屋さん、和洋菓子店が出店いたします。ご家族で楽しめるイベントなのでぜひお越しいただければ」 とイベント担当の秋山さん。

 11月9日は10時〜15時30分、10日は10時〜14時30分まで。来場者には杉並区のパン屋ガイドブックを無料でプレゼント。


| 東京

町田駅周辺で秋恒例「大道芸フェス」−ジャグリング、お笑いなど26組出演 /東京

 町田駅周辺で10月12日・13日、大道芸人や工芸作家など26組が参加する秋の恒例イベント「町田大道芸」が開催される。

 1996年に始まった同イベントは今年で18回目。期間中、東急ツインズ前やぽっぽ町田、カリヨン広場など6カ所で、ジャグリング、マイム、マジック、江戸細工など大道芸23グループと工芸3グループが妙技を披露する。

 注目は、「ものまね紅白歌合戦」「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」優勝の古賀しゅうさん、「整いました!」でお馴染みのWコロン・ねづっち、町田初の阿波(あわ)踊りの団体「南粋蓮」、タップダンスグループ「ナイル川漁業組合」。

 そのほか、ハイブリッド猿回し、UWF関東学生プロレス連盟、パントマイマー「ケチャップリンたび彦」、女性クラウン「クラウンJUKA」、町田琉などの常連も登場する。

 開催時間は12時〜17時ごろ。13日の全プログラム終了後、東急109会場で出演者によるエンディングショーを開く。


| 東京

岡本太郎記念館で一夜限りのイベント−太郎作品にプロジェクションマッピング /東京

 岡本太郎記念館(港区南青山6、TEL 03-3406-0801)で10月12日、年に一度の恒例イベント「One Night Illusion(ワンナイトイリュージョン)」が開催される。

 2009年に初開催して以来、今回で4回目を迎える同イベント。岡本太郎がアトリエ兼住居として使っていた同館には太郎が作ったオブジェや絵画が数多く展示されている。同イベントでは、館内や庭などに設置される作品や施設全体をスクリーンに見立て、プロジェクターで映像を投影することで日中とは別世界の幻想的な空間を演出。映像制作はプロデューサーの大口遼さんを中心に、ペインターの中山晃子さん、アーティストが集まるシェアハウス「渋家(シブハウス)」(渋谷区南平台町)に所属するhuez(YAVAOさん、彩藤彩さん)、磯崎愛生さんが担当する。

 今年のテーマは「宇宙」。大口さんは「太郎さんは『芸術は爆発だ』と言っているが、これはビッグバンなど超新星爆発のこと。太郎さんの強い絵や彫像は独特なフォルムを持ち、その一つ一つが星や銀河にも見える。その中を濃密に満たすのが映像の役目と考え、太郎さんの作品と私たちの映像をひっくるめて宇宙をつくりたい」とコンセプトを説明する。

 庭では、巨大なオブジェ作品に音楽に合わせて映像を投射するプロジェクションマッピングや、絵の具の流動を使ったライブペインティングを展開。FRP(繊維強化プラスチック)で作られた太郎のオブジェに色とりどりの光や映像を映し出す。2階では太郎の絵画作品とともに「データモッシュ」という動画手法を用い、太郎の絵画作品と来場者を撮影した映像を融合したインタラクティブなデジタル作品などを展示するなど、通常の展示企画とは異なる趣向を凝らしたものになるという。

 大口さんは「太郎さんの作品は昼間でもムッとした存在感を感じるが、光やプロジェクターが当たることでより力強さが増し、また別の顔が見えてくるはず」とし、「今年で4年目を迎え、南青山の祭りとして定着していければ」と期待を寄せる。

 イリュ―ジョンタイムは18時30分ごろ(日没)〜20時30分(最終入館は20時)。入館料は、一般=600円、小学生=300円。雨天の場合は延期する場合も有り。

岡本太郎記念館
東京都港区南青山6-1-19
アクセス:地下鉄表参道駅から徒歩8分



ザ・キャピトルホテル東急
東急ホテルズの新たなフラッグシップとなるラグジュアリーホテル「ザ・キャピトルホテル 東急」が、「東急キャピトルタワー」内に2010年10月22日に開業します。
ザ・キャピトルホテル 東急は、「都心の喧騒を忘れる上質な時間、四季の移ろう和(やわ)らぎのホテル」をテーマに和のコンセプトが貫かれた、新しい日本のホテルを目指します。
東京都千代田区永田町二丁目10番地3号
| 東京

宝仙寺で「中野で巡る四国霊場」−1日で四国八十八カ所巡りを体験 /東京

 戦前に中野町役場があった宝仙寺(中野区中央2)で10月30日、「お砂ふみ巡礼〜へんろの心、届けます〜」と題した「中野で巡る四国霊場」が開催される。

 四国八十八カ所の寺院を巡るお遍路の旅は、弘法大師空海が修行した場所やゆかりの地をたどることでその功績を感じることができるもので、同イベントは、四国霊場が開かれて来年で1200年を迎えるのを記念した企画。集められた八十八霊場の「お砂」と「本尊お姿(びょうぶ)」が宝仙寺に配され、「お砂」を踏みながらお参りすることで、霊場にお参りしたのと同様のご利益があると伝えられている。

 同時に、奈良の長谷寺、京都の仁和寺、兵庫の中山寺、和歌山の金剛峯寺(こんごうぶじ)など弘法大師空海が開いた真言宗十八本山の種字(梵字)本尊掛け軸と「お砂」も集結し、四国八十八カ所お遍路巡りと同様、「真言宗十八本山お砂ふみ」も行われる。

 当日は2回の法話があり、11時には東日本先達(せんだち)会の遊佐俊和会長が、14時からは二十六番霊場の金剛頂寺住職の坂井智宏大僧正がそれぞれ法話を行う。

 宝仙寺は奥州・後三年の役を平定して凱旋(がいせん)帰京の途中にあった源義家によって平安後期に創建、陣中に護持していた不動明王像を安置するためだったといわれている。中野区内で最も広大な寺の一つで三重塔や仁王などの文化財も多数保有、江戸時代は将軍のタカ狩り休憩所、戦前には中野町役場も建っていた。

 開催時間は10時〜15時。参拝料=1,000円。詳細はホームページで確認できる。


宝仙寺
東京都中野区中央2-33-3
中野区でも屈指の広大な寺院で、千年近くの歴史を誇る古刹である。山号は明王山(みょうおうざん)。戦前は当時の中野町役場も置かれていた。また、著名人の葬儀・告別式も多く執り行われることでも有名な寺院である。また、節分の僧兵行列も趣き深い。
アクセス:丸ノ内線・大江戸線「中野坂上駅」2番出口より徒歩5分
| 東京

東京都美術館で「ターナー展」−作品116点、作家の生涯を紹介 /東京

 上野公園・東京都美術館(台東区上野公園、TEL 03-3823-6921)で10月8日より、「ターナー展」が開催される。

 19世紀に活躍した画家・ターナーは、イギリスの美術賞「ターナー賞」にその名を残すロマン主義の巨匠として知られている。同展では、最初期から晩年に至るまでの作品116点を展示し、作家の生涯にわたる活動とその変遷を紹介する。



 日本では、かつて国立西洋美術館と横浜美術館の2館で大規模なターナーの展覧会が開催されたことがあるが、21世紀になってから大規模回顧展は初めて。「1997年の横浜美術館の展示を最後に、10年以上にわたって大規模な展覧会は実施されていない。ターナーの作品を収蔵するロンドンのテート・ギャラリーには2万点に及ぶターナー作品があり、日本初公開の作品も多い」と学芸員の小林明子さん。

 26歳の若さにしてロイヤル・アカデミーの正会員に選ばれたターナーは、その生涯にわたり、水彩、油彩などで風景画を描き続けた。故郷のイギリスのみならず、イタリア、フランス、ドイツなどを描き、その作品は世界的にも高い評価を受けている。

 それまでイタリアやフランスを中心としてきた美術界だが、「ターナーの登場によってイギリス美術に目が向けられるようになった」と小林さん。「伝統を大切にしながらも独特の色彩表現を極め、唯一無二の存在になった。モネを中心とする印象派にも影響を与えている」と、その功績をたたえる。

 開館時間は9時30分〜17時30分(金曜は20時まで)。月曜休室。観覧料金は、一般=1,600円、学生=1,300円、高校生=800円、65歳以上=1,000円、中学生以下無料。12月18日まで。


東京都美術館
東京都台東区上野公園8-36
アクセス:JR上野駅公園口より徒歩7分

| 東京

新生「京王れーるランド」開業へ−旧型車両展示、大型シミュレーターも /東京

 京王電鉄が運営する鉄道をテーマとしたアミューズメント施設「京王れーるランド」(日野市程久保3)が10月10日、オープンする。

 同社の電車・ 路線バス開業100周年記念事業の一つとして、これまで新施設への機能移転が進められてきた同施設。鉄道事業をPRする目的で2000年に開業し、8月に営業を終了した旧「京王れーるランド」を引き継ぐもの。オープンを前に今月3日、報道機関を対象とした内覧会が行われた。

 引退車両「2400形」「2010系」「5000系」「3000系」「6000系」の実車を並べた車両展示場に加え、車掌体験ができるコーナーや「6000系」の実車のカットボディーを使った大型運転体験シミュレーター、鉄道設備をイメージしたアスレチックコーナー「アスれーるチック」などが設けられた2階建ての屋内施設で構成。駅に設けられているものと同じタイプの券売機で入館券を購入し、入り口には自動改札機を設けるなど入場段階から工夫を凝らした。

 新施設について、「鉄道部門が一体となって取り組んだ」と鉄道営業部営業企画課長の加野さん。2階「コレクションギャラリー」には、「京王電鉄社員からの挑戦状!!」と題したクイズコーナーを設けるなど、「社員のアイデアを生かした」と話す。「館内は京王の電車尽くし。鉄道会社ならではの工夫をちりばめた」とも。

 オープン当日の今月10日は、7時から多摩動物公園駅で記念入場券を発売するほか、9時15分からはオープニングイベントを開催。10日・11日には高幡不動駅を9時〜16時30分に出発する「TAMA ZOOトレイン」で、12日〜14日は新宿駅8時51分発の「急行多摩動物園駅行」で、それぞれ開業をPRするヘッドマークを取り付けた車両も運行。12日〜14日には多摩動物公園駅でヘッドマークを取り付けた車両の撮影会も開く。撮影会の開催時間は各日11時30分〜13時。

 オープンに合わせオリジナルグッズも展開。「京王電鉄7000系 ジグソーパズル入り電車缶」(800円)や京王帝都電鉄時代の社紋が浮き上がる「京王電鉄 浮絵傘」(1,000円)などを投入するほか、同施設で展示している「2400形」をモデルとした模型「鉄道コレクション 京王帝都電鉄2400形」(1,100円)を1万個限定で販売する。発売はいずれも今月10日。

 営業時間は9時30分〜17時30分。水曜定休。入場料は3歳以上1日250円。

京王れーるランド
東京都日野市程久保3-36-39
アクセス:京王線 多摩動物公園駅下車すぐ


| 東京