市街地が美術館に 彫刻など140点、常総市まちなか展覧会 茨城

 「元気を集める!」をテーマに彫刻や絵画などを中心市街地に展示する「常総市まちなか展覧会2013」が12日始まり、市の中心街は“芸術の秋”たけなわとなった。27日まで。

 中心市街地にある歴史的建造物などを活用して若手作家の作品を展示する展覧会で、平成19年から毎年開催されている。

 今回は、大正時代に建てられ、築100周年を迎えた二水会館(旧水海道町役場、絵画・彫刻展)をメーン会場として、タバコの葉の乾燥施設だった黒倉庫(映像作品展)や市民の広場(野外彫刻展)などに彫刻や絵画、写真、陶器など約140点を展示した。

 開業100周年の関東鉄道常総線も期間中、水海道−取手駅間で、「夢を乗せる」をテーマに、車内に子供たちの将来の夢と駅長の夢を、写真と言葉で表現した作品27点を展示して運行している。

 また、期間中は参加作家の作品解説を聞きながら会場を回る「ギャラリーツアー」(20日)やフルート、ピアノ、パーカッションによる「まちなか音楽会」(27日)なども開かれる。

 問い合わせは、市観光商工課まちづくり推進係(電)0297・23・9088。

二水会館
茨城県常総市水海道天満町1606
アクセス:関東鉄道常総線水海道駅より徒歩7分


ホテルルートイン水海道駅前
茨城南西部へのビジネス、ゴルフ、観光に最適。水海道駅より徒歩1分 つくば市・守谷市もアクセス良好
茨城県常総市水海道宝町1555-2

【お料理】
〜朝食無料宣言〜
『あなたの旅をもっと愉しく、さらにおいしく』をコンセプトに、バイキング朝食を無料でご提供しています。
お好きなものをご自由にお召上がりいただける豊富なバイキングスタイルをお楽しみ下さい。

【大浴場】
旅人の湯は、ラジウムにより軟水化された、水当たりが軟らかく肌に潤いを与える人工温泉です。 ミネラル成分が皮膚を刺激して、発刊作用を促し血液中のコレステロール、乳酸、毒素といわれる老廃物を汗とともに排出します。 更に血行を良くして新陳代謝を活発にし、自然治癒力を高めます。 無色無臭ですので、好き嫌いなく、どなたでも毎日心地よくご利用になれます。

| 茨城

巫女さんら菊まつりPR 笠間稲荷で19日から 茨城

 かさま観光大使の斉藤弘実さん(33)と笠間稲荷(いなり)神社(笠間市笠間)の巫女(みこ)、富田美里さん(24)が7日、県庁を訪れ、同神社などで19日〜11月30日まで開催される「第106回笠間の菊まつり」をPRした。

 恒例の菊人形展のテーマはNHK大河ドラマ「八重の桜」。富田さんは「艶やかな菊人形と境内や市内で1万鉢の多種多様な菊をぜひ見に来てください」と呼びかけていた。

 10月11日から14日には「笠間浪漫」と題して笠間芸術の森公園で、「笠間焼ビールフェア」や「笠間いなり寿司(ずし)」コンテストなどのイベントも開催される。

 斉藤さんは「笠間の人と触れ合って、笠間をより身近に感じてください」と話していた。


笠間稲荷神社
茨城県笠間市笠間1
アクセス:JR常磐線笠間駅から茨城交通稲荷神社方面行きバスで5分、稲荷神社下車すぐ


秘湯 ぶんぶくの湯
古くから皮膚病に良いといわれる鉱泉宿。家庭的な雰囲気でおもてなしいたします。
茨城県笠間市大渕金澤532

【お料理】
夕食のメニューは刺身盛り合わせ、天ぷらの盛り合わせ、季節の野菜料理数種などとなっております。

【お風呂】
ぶんぶくの湯の源泉は、弘法大師が関東ご巡錫の折に発見されたと言われる湧水で、ぶくぶくと湧き出る様子から『ぶんぶくの湯』と呼ばれています。
これを沸かした湯は古くから胃腸病や皮膚病に良いと言われ、江戸時代の古文書にも記録が残っています。
最近では特にアトピー性皮膚炎に良いと訪れるお客様も増えております。


| 茨城

1200株、間もなく見頃 石岡でダリアまつり11月10日まで 茨城

 石岡市下青柳の県フラワーパークで「ダリアまつり」が開かれ、秋風に誘われて訪れた人たちの目を楽しませている。11月10日まで。

 フラワーパークによると、200種1200株のダリアが植えられており、現在は6分咲き。今年は昨年よりも開花が早いという。園内のバラも咲き始めており、いずれも10月中旬には見頃を迎える。

 28日からは「秋バラまつり」も開催されており、毎週日曜に演奏会などのイベントを行う予定。フラワーパークでは「これからますますダリアやバラがきれいになっていくので、見に来てほしい」と話している。

茨城県フラワーパーク
東京ドーム約4個分、広大な花と緑の公園
650品種30,000株のバラのテラスを始め、シャガの大群落ややまゆりの大自生地、福寿草やクリスマスローズなど、四季折々の花々がお楽しみいただけるのはもちろん、花のすべり台やアスレチックもあり、ご家族みなさんで楽しめます。請約書にご記入いただければ、ペット連れでの入園も可。
地元でも人気の農産物直売所へも、ぜひお立ち寄り下さい。
茨城県石岡市下青柳200
アクセス:
【車】常磐自動車道 千代田石岡ICから約20分
   常磐自動車道 土浦北ICから約15分
   北関東自動車道 笠間西ICから約25分
【電車】JR常磐線「石岡駅」よりバスで約30分(関鉄グリーンバス1番のりば(フラワーパーク経由 柿岡車庫行き))


ライフイン土浦駅東
土浦駅東口正面。朝食無料!徒歩数分でコンビニ2店・駅ビル・飲食店。部屋にシャワートイレ、冷蔵庫!
茨城県土浦市港町1-5-5

【お料理】
朝食無料サービス 
パン・おにぎり(又はお稲荷さん)・日替わりおかず・コーヒー・ヨーグルト等の軽食


| 茨城

筑西出身の陶芸家・板谷波山 笠間で来月から大回顧展 茨城

過去最多174点を展示

 陶芸家として初の文化勲章を受章した筑西市出身の板谷波山(1872〜1963年)の大回顧展が、10月5日から笠間市笠間の県陶芸美術館で開催される。初期から晩年の作品174点を展示するなど、波山の展覧会としては過去最大規模となる。

 回顧展は、日本美術史に偉大な足跡を残した県ゆかりの岡倉天心の生誕150年、没後100年、波山の没後50年記念事業の一環として開催。日本近代陶芸開拓者の波山を、東京美術学校(現東京芸大)時代から円熟期までを4つの構成で紹介する。

 国の重要文化財の「葆光彩磁珍果文花瓶(ほこうさいじちんかもんかびん)」や、高さ約80センチの「彩磁蕗葉文大花瓶(さいじふきはもんだいかびん)」など代表作を展示。また、作品の魅力の一つである彫りの技術を学んだ東京美術学校在籍時の木彫も並び、波山が影響を受けた作家の作品も展示される。

 期間中はさまざまな関連イベントを実施。波山研究の第一人者で学習院大教授の荒川正明氏と、波山の孫の村田あき子さんの対談や、波山を扱った映画の上映会なども行われる。

 県陶芸美術館は「『孤高の陶芸家』といわれた波山が影響を受けたものや、作品がどのような時代背景で生まれてきたかなどを分かる内容となっている。ぜひ、足を運んでほしい」と話している。

 回顧展は12月8日まで。月曜休館(祝日は開館、翌日休館)

 問い合わせは、県陶芸美術館(電)0296・70・0011。

茨城県陶芸美術館
茨城県笠間市笠間2345 笠間芸術の森公園内
アクセス:JR常磐線友部駅からかさま観光周遊バスで10分、工芸の丘・陶芸美術館下車、徒歩3分


秘湯 ぶんぶくの湯
古くから皮膚病に良いといわれる鉱泉宿。家庭的な雰囲気でおもてなしいたします。
茨城県笠間市大渕金澤532

【お料理】
夕食のメニューは刺身盛り合わせ、天ぷらの盛り合わせ、季節の野菜料理数種などとなっております。

【お風呂】
ぶんぶくの湯の源泉は、弘法大師が関東ご巡錫の折に発見されたと言われる湧水で、ぶくぶくと湧き出る様子から『ぶんぶくの湯』と呼ばれています。
これを沸かした湯は古くから胃腸病や皮膚病に良いと言われ、江戸時代の古文書にも記録が残っています。
最近では特にアトピー性皮膚炎に良いと訪れるお客様も増えております。

| 茨城

9月28日 筑波山で「ガマまつり」−夜の筑波山頂で「肝試し」も /茨城

 筑波山で9月28日、伝統の祭事「ガマまつり」が開催される。

 同祭の起源は筑波山に江戸時代から伝わる名物「ガマの油」。ガマの供養と商売繁盛を願う祭りとして知られ、65回目の開催。会場は神社境内と筑波山門前通り、山頂付近。

 内容と開催時間は、神事、ガマの油売り口上実演、大道芸、よさこいソーラン、田中ばやしなど=13時〜、筑波山ガマレース=16時〜。

 夜の筑波山を楽しむ「筑波山スリラーtheケーブルカー」も開催。おばけに連れ去られた筑波山ご当地キャラ「ツッピー」を助け出すイベントで、夜の特別運行ケーブルカーに乗り山頂で「ツッピー」を探すという内容。参加費は乗車料(一般=1,000円、小学生以下無料)のみ。出発時間は18時〜、18時30分〜、19時〜、19時15分〜。

 主催する筑波観光コンベンション協会は「筑波山ならではの催しが盛りだくさん。多くの人に楽しんでいただければ」と話す。

筑波山
茨城県つくば市筑波1
アクセス:つくばエクスプレスつくば駅から筑波山シャトルバスつつじヶ丘行きで40分、筑波山神社入口下車、徒歩3分(山頂へはケーブルカー利用)



筑波山温泉 筑波山江戸屋
筑波山神社に一番近い宿。筑波山観光に最適です!創業370余年の伝統に育まれた落ち着きのある日本旅館
筑波山温泉 茨城県つくば市筑波728

【お料理】
筑波山江戸屋では安心できる地元の食材を使用し、季節によって変化する和食文化を表現できるよう、工夫を凝らしております。
茨城県は食材の宝庫と言われており、肉・魚・米・野菜・くだものにいたるまで、豊富な食材がそろっております。
米は北条米コシヒカリを使用し、茨城のブランド肉であるローズポーク、常陸牛、八郷地鶏を料理に取り入れ、新鮮な野菜と組み合わせてオリジナルの創作料理に仕立てております。
江戸屋オリジナル「くわ焼」は、その昔地元農家の庭先で、農具である「鍬(くわ)」を熱し鉄板の代わりとして食材を乗せて焼いて食べたという習慣から発想いたしました。
特製ちゃんこ鍋は明治42年時の横綱常陸山がご宿泊された際に考案した鍋で、冬の名物となっております。
移り変わる美しい日本の四季の風景とともに、旬の素材をお楽しみいただきたいと考えております。

【温泉】
筑波山温泉 大浴場、露天風呂のご案内
創業1628年、筑波山と共に歩んできた380年。筑波山一の老舗宿です。2001年8月より開湯した筑波山温泉「双神の湯」はPH10.18という全国でも有数のアルカリ性単純泉温泉です。美肌効果や疲労回復、神経痛などの効能があります。手つかずの自然をそのまま生かした当館庭に面した露天風呂。四季折々の趣を感じながら筑波山の山懐に抱かれて安らぎ癒される名湯のひと時をお愉しみ下さい。

| 茨城

都道府県庁所在地でプリン&ケーキ1位 水戸は「お菓子の街」?

 ■年間支出額、納豆は4位

 水戸市民はプリンやケーキなど菓子類が大好き−。こんな結果が総務省の「平成24年家計調査」で分かった。水戸市のプリンとケーキの年間支出額が全国の都道府県庁所在地の自治体でいずれも1位となった一方、水戸のイメージが強い納豆は全国4位にとどまった。もはや水戸は納豆の街ではなく、菓子の街?

 総務省の委託を受け調査している県統計課が、都道府県庁所在地(川崎市、浜松市、堺市、北九州市を含む)の順位をまとめた。

 それによると、24年の水戸市民1世帯当たりの菓子類の支出額は8万5612円で全国5位。22年の1位、23年の3位から後退したものの上位をキープ。内訳はケーキとプリンが1位となったほか、ようかん3位、せんべい5位といずれも上位に位置した。

 統計課は「ランキングの上位を占める品目が多く、依然として水戸市民はお菓子好き」と分析している。

 また、果物ではメロンが5557円で全国1位(前年2位)。毎年トップ争いをしている2位の札幌市に2410円の差を付けダントツに。ヨーグルトも1万4143円で全国トップ(同10位)で、2位の川崎市に1058円の差を付けるなど、“デザート”類もお好きなようだ。

 一方で、水戸のイメージが強い納豆は全国4位で前年と同じ。統計課は「宇都宮のギョーザや横浜のシューマイ、高知のカツオなどは支出額で地元が1位となっているが、水戸が納豆で1位でないのは少々残念」と複雑な表情を浮かべた。

 ただ、こうした市民の「お菓子好き」をまちづくりに利用しようとする動きもある。全国有数のチョコレート消費地でもある水戸市は2月、地域活性化の一環として「世界チョコレートフェスティバル」を初開催。女性客でにぎわうなど好評だったことから、来年は規模を拡大する計画だ。

 水戸市の高橋靖市長は「食文化はまちづくりの有効な手段。消費動向を見ながら、水戸の新たな“色”になるようなものがあれば、まちのにぎわいに結びつけていきたい」と期待を寄せている。



| 茨城

下妻のナシ 海外に初出荷 茨城

■「パイオニアとして」タイの見本市へ

 筑西市と並ぶナシの産地、下妻市のナシ「あきづき」が3日、タイに向け、同市大木のJA常総ひかり下妻第一梨選果場から出荷された。同市のナシが海外に輸出されるのは初めて。

 出荷したのは8ケース計40キロ。5日から首都バンコク郊外で開催される見本市「SMEエキスポ」に出品し、地元の食品バイヤーらに試食してもらう。タイでは日本産品は高級品というイメージもあることから、富裕層や現地在住の日本人にも売り込みたい考え。

 下妻市果樹組合連合会は今年、台湾、シンガポールにナシの輸出を計画したが、東京電力福島第1原発事故や先月発覚した汚染水漏洩(ろうえい)の風評の影響で断念していた。

 出発式では海老沢守男市果樹組合連合会長が「パイオニアとして将来へ向けた攻めの農業につなげたい」とあいさつ。稲葉本治市長は「活力あるまち作りへの第一歩としたい」とエールを送った。



| 茨城

イズハナトラザメ初公開 茨城・大洗水族館

 大洗町磯浜町のアクアワールド県大洗水族館で、珍しい「イズハナトラザメ」の展示が始まった。同館での展示は初めて。

 イズハナトラザメは、外房や伊豆半島南部の水深が100メートルより深い海域でしか見つかっていない非常に珍しいサメ。

 日本各地で見られるトラザメに似ているが、全身が美しい白い斑点で覆われているのが特徴。

 展示するサメは、発見に携わった「下田海中水族館」(静岡県下田市)から譲り受けた雄雌1匹ずつで、体長は約50センチ。

 県大洗水族館はサメの展示種数が国内最多だが、イズハナトラザメが加わったことで47種となった。

アクアワールド茨城県大洗水族館
茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8252-3
アクセス:
ひたちなか海浜鉄道 湊線 那珂湊駅からバスで7分
北関東自動車道水戸大洗ICから15分

大洗水族館(楽天トラベルで検索)

ペンション セレブ
食事はとても美味しく、ディナーは箸も用意されているなど、気軽に楽しめるコースで家族にも好評でした。
特にソース類のほどよい上品な味付けが絶品で、すごくクオリティが高いと思います。(^O^)/
デザートでショコラとシャーベットはこれだけ食べに来ても良いと思いました。


大洗シーサイドホテル
まず率直に言える事は接客の質がとても良いと言えます。
へたな一流のホテルより間違いなく格上です。
従業員は皆さん感じ良く料理も沢山あっておいしかったです。

| 茨城

常陸太田のブドウ狩りPR 茨城

 9月1日から市内の農園でブドウ狩りが始まるのを前に、常陸太田市とJA茨城みずほは29日、県庁で市内産のブドウをPRした。



 常陸太田市は「巨峰」やオリジナル品種「常陸青龍」を中心に栽培し、ブドウの生産量が県内一。今年の常陸青龍は甘さが濃縮されたできといい、JA茨城みずほは「子供たちを連れてブドウ狩りにきてほしい」とアピールした。

 ブドウ狩りは市内の約60農園で10月中旬まで行われる。問い合わせは、JA茨城みずほ(電)0294・70・3488。

【秋得】旬の魚と採れたて果実!常陸太田ブランド『巨峰ぶどう狩り』入園券&入園者サービス付き♪
2名利用時 12,075円/人〜14,175円/人 【期間】2013年08月30日〜2013年10月19日
昨年に引き続き、地元で評判の『てるちゃんぶどう園』様にご協力をいただきまして、常陸太田市ブランドの【巨峰】のもぎ取りが楽しめる、期間限定プランをリリースしました!
『海づくし料理』と『巨峰ぶどう狩り』で茨城の味覚を堪能して下さい♪


海づくしの湯 はぎ屋旅館
茨城県日立市水木町1-1-15

| 茨城