貨車と客車からなる「混合列車」、6月のイベントで運転 津軽鉄道



「新幹線から昭和の鉄道風景へタイムトラベル」
青森県内を走る津軽鉄道は2016年5月12日(木)、イベント「奥津軽いまべつ駅開業記念!新幹線で昭和の津鉄タイムトラベル!」を6月4日(土)と5日(日)に開催すると発表しました。このイベントはJRグループの「青森県・函館デスティネーションキャンペーン」に伴い実施される特別企画です。

イベントの期間中には「混合列車」や「夜汽車」など、普段は見られない列車が運行されます。「数十年前は当たり前の風景だった」(津軽鉄道)という「混合列車」は、1本の列車に貨車と客車の両方が連結された列車。今回はDD35型ディーゼル機関車が客車2両と貨車3両を牽引し、津軽中里〜津軽五所川原間を各日1往復します。

企画初日の6月4日(土)には、ゆるキャラたちが北海道新幹線の奥津軽いまべつ駅(青森県今別町)から来るバスを津軽中里駅(同・中泊町)で“お出迎え”。津軽中里駅ではその後、「混合列車」の撮影会なども行われる予定です。

このほか、DD35型ディーゼル機関車と客車が日没直前の時間帯を走行する「夜汽車」や、同じくDD35型ディーゼル機関車の牽引による「復刻貨物列車」なども運転されます。

イベント会場の津軽中里駅へは、奥津軽いまべつ駅から路線バスでアクセス可能。この路線は今年3月、北海道新幹線開業にあわせて開設されたもので、新幹線の発着にあわせて1日4往復が運行されています。津軽鉄道では今回の企画について「最新鋭の新幹線から、一気に昭和の鉄道の原風景へタイムトラベルを実感」できるとしています。


星野リゾート 青森屋(旧:古牧温泉 青森屋)
東北道八戸IC〜30KM約40分、第2みちのく有料道路三沢IC〜1K約1分
青森県三沢市古間木山56

【お料理】
かっちゃのばんげまんま(お母さんの晩御飯)をコンセプトに、青森県産の食材をふんだんに使用したバイキングレストラン。メニューは郷土料理をはじめ和・洋・中・デザートなど約80種類以上。地酒は県内随一の品揃えで、南部・津軽・下北の14蔵から取り寄せた約40種類が揃います。古民家風の建物は農家の台所のようで、ホッと和めるぬくもりの空間です。

【温泉】
星野リゾート青森屋露天風呂『浮湯』
露天風呂「浮湯」は、青森屋自慢の庭園に囲まれた池の中に浮かんでいるように大きく張り出して、お湯につかると池を渡る風と滝の音が心地よく、開放感を満喫できます。内湯は「あつ湯」と「ぬる湯」の2つのお風呂があり、青森ヒバの香りで森林浴もお楽しみいただけます。また、「元湯」は源泉に近く、素朴な温泉として、宿泊のお客様はもちろん、地元の方々にも愛されている温泉です。青森の四季と文化を感じつつ、源泉かけ流しのお湯をお楽しみください。
| 青森

ルピナス鮮やか1万2千株見ごろ

青森県十和田市の観光農園「手づくり村 鯉艸郷(りそうきょう)」(中野渡裕生代表)でルピナスが見頃を迎えた。23日は紫、赤、ピンク、黄など色とりどりの1万2千株が例年より10日ほど早く8分咲きとなり、来場者の目を楽しませていた。

ルピナスはフジの花を逆さに立てたような見た目から「昇り藤」「立ち藤」とも呼ばれる。マメ科の多年草だが、鯉艸郷では毎年植え付ける。夏、トレーに種をまき、秋にポットへ移植、冬はハウスで管理し春に畑に植えることで見頃を長く保てるという。

同園では25日からルピナスまつりが始まるが、見頃はあと1カ月ほど続く。中野渡代表の妻・恵さんは「6月上旬になるとシャクヤクも一緒に楽しめます」と話している。

スマートフォンで熱心に撮影していた大館市の主婦岩澤織江さん(41)は「2〜3年前から毎年訪れている。今年は満開に少し早かったので、シャクヤクも咲く時期にまた来たい」と笑顔を見せた。


十和田富士屋ホテル
十和田市の中心にありビジネス・観光にも最適な本格的シティホテル
青森県十和田市東三番町1-6

【お料理】
ご朝食
2F レストラン「ルグラン」7:00〜9:30
≪和&洋ハーフバイキング≫
ご当地料理にこだわった健康和食を中心とした定食、焼きたてのあつあつパン、ソフトドリンクなどはコーナーバイキングでお楽しみ下さい。

レストラン ルグラン
フランス料理から本格的な中華料理まで楽しめるコンチネンタルレストラン。

和食堂「椎の葉」
みちのくの味覚で仕上げた四季折々の郷土料理

【観光スポット】
小川原湖畔キャンプ場(青森県三沢市淋代平)
キャンプ場は湖の東南部に面しており、季節にはハマナスや藤の花が咲き、また林のなかでは小鳥のさえずりが聞えるなど、自然環境に恵まれている。キャンプ場のある湖岸は湖水浴場に隣接しており夏は湖水浴を楽しむのに適している。
| 青森

「道」制作過程一目で 東山魁夷展始まる 八戸市美術館

 日本画の巨匠東山魁夷(1908〜99年)が、青森県八戸市の種差海岸を題材に描いた「道」などを集めた特別展「道−そして、希望の朝」が28日、八戸市美術館で始まった。

 「道」の本作やスケッチ、下図をはじめ、東山ゆかりの作家が東北各地で描いた作品など計26点を展示。「道」制作までの過程が分かるスケッチなどを一度に展示するのは珍しいという。



 種差海岸などが三陸復興国立公園に指定されたことを受けて開催。復興支援として所蔵する各地の美術館が協力した。鑑賞した市内の主婦佐藤啓子さんは「『道』を見ると、頑張らなくてはと前向きな気持ちになれます」と話していた。

 宮城県石巻市北上町の海岸でウミネコが舞う光景を描いた東山の親友、加藤栄三の「空」は10月16日から展示する。

 11月4日まで。入館料は一般500円、高校・大学生300円、小中学生100円。連絡先は市美術館0178(45)8338。

八戸市美術館
青森県八戸市番町10-4
アクセス:JR八戸線本八戸駅から徒歩10分


ダイワロイネットホテル八戸
◆2009年6月1日オープン!!◆ビジネス・観光の拠点に最適♪♪
青森県八戸市八日町1-1

【お料理】
朝食
気分に合せて和洋セレクト。
一日のスタートを体もココロも元気一杯になる、真心メニューでお待ちしております。

| 青森

9月22日ゴング 響け感動のパンチ 詩のボクシング青森大会

 ボクシングのリングに見立てた舞台で自作の詩を朗読し合う「詩のボクシング青森大会」が22日、青森市の青函連絡船メモリアルシップ「八甲田丸」で開かれる。10月19日に横浜市で開催される第13回全国大会の予選を兼ね、優勝者は出場権を獲得する。

 舞台上で2人の朗読者が交互に自作の詩を披露する。どちらの朗読がより観客の心に響いたかで勝敗を決める「言葉と声のスポーツ」という設定。青森大会は昨年に続き2回目。
 出場者は、3分以内で自作の詩を朗読する。詩の形式は自由で、短歌や俳句、演説、手紙などでも時間内であれば許される。審査は、日本朗読ボクシング協会の楠かつのり代表らが行う。

 出場資格は15歳以上の県民、または県内で学んだり働いたりしている人。県出身者も可。参加無料。締め切りは19日。連絡先は青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸017(735)8150。


青森県 青森市内・浅虫温泉 でぜひ宿泊して欲しい素敵な宿泊施設です。
青森市内・浅虫温泉 楽天トラベル格安宿泊ランキング



浅虫温泉 南部屋
青森県内観光スポットへの拠点として最適です。
青森県青森市浅虫蛍谷35

【お料理】
青森県は日本海・太平洋・陸奥湾と三つの海に囲まれた土地柄、豊富な海産物に恵まれています。
それに加え、豊かな大地で育てられた食材、日本一の生産量を誇るにんにく、長芋等をふんだんに使用し、地産地消をモットーに、食の安全を追及した料理の提供を心がけております。

当館こだわりの逸品
帆立養殖発祥の地青森「むつ湾」。 むつ湾を取り囲む緑豊かな山々から流れ入る水で多くの栄養分が与えられた「青森ほたて」は、青森県の特産品です。
生で、お造りで素材本来の味を...。 火を通して、貝焼きで香ばしさを...。 生でも、火を通しても、おいしい青森のほたてをご賞味ください。

【温泉】
浅虫温泉 南部屋
なめらかなお湯があふれる大浴場で、ゆっくりと旅の疲れを癒してください。

【観光スポット】
棟方志功記念館(青森県青森市松原2-1-2)
青森市に生まれた世界的板画家・棟方志功の文化勲章受章を記念して昭和50年に開館。棟方が世に出るきっかけとなった代表作『大和し美し』『釈迦十大弟子』などの板画のほか、倭画、油絵、書など年4回展示替えをしながら順次紹介。独自の境地を切り開いた棟方志功の画業を鑑賞することができる。所要30分。
| 青森

独特の甘み求め行列 弘前特産「嶽きみ」

 岩木山麓で栽培される青森県弘前市特産のトウモロコシ「嶽(だけ)きみ」の収穫が最盛期を迎えた。百沢、嶽両地区の県道3号沿いに並ぶ産直店には、独特の甘みと食感を求め、平日でも県内外から買い物客が押し寄せる。生産者は「目が回るほど忙しい」と応対に追われている。

 佐藤農園の産直店では10日早朝から、朝採りの嶽きみを買い求める列ができた。値段は1本150円から200円。午前3時から家族総出で収穫した約2500本は、昼すぎに完売した。10本単位でまとめ買いする人も多いという。

 嶽きみは標高400メートル前後の高原で約20戸が栽培する。一般のトウモロコシに比べ、朝晩で10度以上の寒暖差が生む強い甘みが特徴。2007年には地域団体商標として認定された。

 嶽きみ人気は年々過熱している。佐藤農園でも10年前は1日約1000本の販売だったが、今年は通信販売だけで2000本という日も珍しくない。8月末の長雨で品薄となり、産直店の営業が少ないことも人気に拍車を掛けている。

 佐藤農園の佐藤好延さん(74)は「朝採りの嶽きみはみずみずしく、生でも食べられる。ここだけの味をもっと知ってほしい」と話した。

 収穫・販売は9月下旬ごろまで。各産直店の営業時間は午前8時ごろから。収穫量などにより営業日は不定期。



| 青森

十和田でご当地グルメの祭典「B-1グランプリ」−北海道・東北から21団体参加 /青森

 十和田市の官庁街通り周辺で9月7日・8日、ご当地グルメの祭典「北海道・東北B-1グランプリ in 十和田」が開催される。

 同グランプリには、北海道・東北から21団体が出展。B-1グランプリ発祥の地の八戸から「八戸せんべい汁研究所」をはじめ、地元の「十和田バラ焼きゼミナール」、B-1グランプリ常連の「横手やきそばサンライ’S」、ドラマ「あまちゃん」で全国的に知名度が上がった「まめぶ汁」の「久慈まめぶ部屋」など。

 同グランプリのイベントは、ご当地グルメを楽しむだけでなく、各団体が地域をPRするパフォーマンスやおもてなしも楽しみの一つ。それらを含めた総合的な評価で投票を行い、グランプリを決定する。投票には、割り箸を使い、箸の総重量で順位を決める。開催地の「十和田バラ焼きゼミナール」、B-1グランプリin北九州優勝の「八戸せんべい汁研究所」、ゲスト団体の「甲府鳥もつ煮でみなさまの縁をとりもつ隊」は、投票の対象外となる。

 八戸せんべい汁研究所の木村聡事務局長は「今回初出展する団体も多く、それぞれの味やおもてなしを楽しむ貴重な機会。東北各地の地域団体にも親しんでほしい」と来場を呼び掛ける。

 支払いはチケット制で、提供料理1品あたりチケット3枚〜5枚が必要となる。チケットは100円券10枚つづりのセットが1,000円で、十和田市内各所や、イベント当日は各会場のチケット販売所で発売する。余ったチケットは十和田市内の加盟店で後日利用できる。

 開催時間は10時〜16時。


| 青森

八戸の「山の楽校」でヒマワリが見頃に−130万本咲き誇る /青森

 八戸の青葉湖展望交流施設(通称「山の学校」、八戸市南郷区島守、TEL 0178-82-2222)のヒマワリ畑のヒマワリが現在、見頃を迎えている。

 ヒマワリ畑は約100メートル四方の広さで、130万本のヒマワリが植えられている。

 同施設にヒマワリが植えられたのは5年前。最初は3万本からスタートし、翌年には60万本と一気に増えた。今年は昨年より横幅を3メートル拡張し、約29万本を植えた。

 岩崎光宏「楽校長」は「ヒマワリのピークは8月24日ごろだった。1週間ほどは今の状態だが、徐々に黒ずんでいく」と早めの来園を呼び掛ける。「ヒマワリが終わるとソバの花が見頃になる」とも。

 市内からカップルで訪れていた男性は「友人から『今が見頃』と聞いて来てみた。一面に広がるヒマワリ畑で写真を撮るときれいで人物も映える」と笑顔で話していた。

 ヒマワリ畑の開放時間は8時〜17時。入園無料。「ヒマワリ刈り取り体験」は5本で100円。

青葉湖展望交流施設
青森県八戸市南郷区島守
アクセス:
JR八戸駅から28km
八戸ICから22km

青森県 八戸・三沢・古牧 でぜひ宿泊して欲しい素敵な宿泊施設です。
八戸・三沢・古牧 楽天トラベル格安宿泊ランキング


ダイワロイネットホテル八戸
◆2009年6月1日オープン!!◆ビジネス・観光の拠点に最適♪♪
青森県八戸市八日町1-1

【お料理】
朝食
気分に合せて和洋セレクト。
一日のスタートを体もココロも元気一杯になる、真心メニューでお待ちしております。

【観光スポット】
東北温泉(青森県上北郡東北町字塔ノ沢山1)
JR乙供駅裏にある温泉で、黒いお湯として有名、ぬるぬる感がありお肌がすべすべになる。サウナ完備で観楽向き温泉です。宿泊有り。二食付き7,500円・朝食付5,400円・夕食付6,450円・素泊まり4,350円

| 青森

津軽金山焼にぞっこん 海外陶芸家6人、五所川原で制作中

津軽金山焼に魅せられた外国人陶芸家6人が、青森県五所川原市の工房に滞在して作品づくりを進めている。9月に開く海外陶芸家作陶展で作品を披露する。
作陶展の売上金の一部は、東日本大震災の被災地の宮城県七ケ浜町に築く登り窯の製作費に活用する。

工房を訪れているのは、アメリカ、トルコ、ペルーのプロ陶芸家や陶芸が専門の大学教授。6人は、独特の土質を持つ津軽金山焼の粘土にほれ込み、本場で作品づくりをしたいと7月下旬、それぞれ来日した。
 
米ユタ州立大教授のジャン・ニーリーさん(59)は「アメリカでは見られない土質の粘土で興味深い。制作時間がいくらあっても足りないくらい面白い」と笑顔を見せる。ニーリーさんによると、金山焼で使う粘土は粘り気が非常に強くて扱いやすく、ゆっくり制作できるのが特徴という。
 
6人は、コップや皿などの食器類、人の顔をかたどった彫刻の焼き物などを制作。数百点を作陶展に出品する予定で、作品は全て販売対象とする。
 
株式会社「津軽金山焼」(松宮亮二代表取締役)は、ことし6月から、被災地支援として七ケ浜町に登り窯を建築する計画に取り組んでいる。年内完成を目指し、焼き物の作り手は同町内から雇用する予定という。
 
ニーリーさんたちは来日後、陶芸を通じた被災地支援をしたいと金山焼の職人たちに申し出て、作陶展の売上金の一部を窯の製作費に充てることに決めた。
 
6人は「大したことはできないが、焼き物を仕事にしているので、陶芸を通じて被災地を応援したい」と話している。
 
海外陶芸家作陶展は9月1〜23日、五所川原市の津軽金山焼内のギャラリーで開かれる。

| 青森

八戸の路線バスがクリスマス仕様に−地域のデザイン協会がデザイン /青森

八戸市の南部バスで12月2日、クリスマスデザインのラッピングバス4台の運行が始まった。 クリスマスデザインのラッピングバスの運行は今年で5年目。「岬台団地線」「るるっぷ八戸線」で各2台ずつを運行する。

ラッピングバスのデザインや室内装飾には、八戸地域デザイン協会(戸田章会長)が協力している。同バスの担当者は「これだけのデザインや装飾は全国的にも珍しいのでは」と胸を張る。

1日は、はちナビ娘「はちこ」のメンバーもバス車内の装飾活動を行った。「はちこ」は公共交通のアテンダントが主な業務で、JR八戸駅で交通機関の案内や路線バスに同乗し乗客をサポートするほか、最近では公共交通機関のイベントで歌や踊りも披露する。装飾活動を行った「はちこ」の冨田彩夏(あやか)さんは「車内の飾り付けは楽しかった。クリスマス仕様のバスでアテンド業務をするのが楽しみ。夜は車内のクリスマスツリーが光るのでムードも満点」と笑顔で話す。

南部バス営業部営業課の福山清彦さんは「八戸地域デザイン協会さんの協力もあり、今年もクリスマスバスを運行することができた。将来の公共交通機関を担う子どもたちに喜んでもらえれば。年末は中心街も郊外も駐車場が混み合うので、ぜひ路線バスのご利用を」と乗車を呼び掛ける。

ラッピングバスの運行は今月25日まで。23日〜25日には、運転手がサンタやトナカイに仮装して運転する。

青森県 八戸・三沢・古牧 でぜひ宿泊して欲しい素敵な宿泊施設です。
八戸・三沢・古牧 楽天トラベル格安宿泊ランキング



パシフィックホテル八戸
八戸の中心街に立地で駐車場無料!繁華街へは徒歩2分の好立地です。全室バス・シャワートイレ付き。
青森県八戸市十一日町52

【お料理】
朝食・夕食付の2食付プランを開始いたしました。夕食は八戸の旬の味をご用意して、2食付で¥6,300とお得なお値段となっておりましたので、ぜひご利用下さいませ。
| 青森